« 嫌いなこと | Main | 顔色 »

2004.01.29

Nikkorレンズのお話(D70発売!)

Nikonから普及型デジタル一眼レフカメラ「D70」が出る(3/19予定)。
遅れに遅れ、やっとCanon-EOS Kiss Dに追いついたかというタイミングですが、とりあえず出るのは喜ばしい。

昔むかしその昔、私も写真に凝っていた時期がある。 いや、凝っていたというより、実はプロになってしまおうかと思った時期もあり、写真系学科(画像工学・光工学)のある大学へ行こうか専門学校へ行こうか迷ったこともあった。実際には普通の工学部で材料工学・無機化学系を専攻したのだけれど、大学の写真部には所属していた。なんたって、暗室を年中使えるのが魅力だったので。
#よくこのblogに書き込んでいただくTakさんは、私の先々代の部長だったのです。

という経緯の持ち主なんで、家に機材はゴロゴロ転がってる。Nikonユーザーだったので、Nikkorレンズもけっこう持っているんです。安いものでは50mmF1.8Sから始まり300mmF5.6までのMF単玉各種、特に28mmF2は大のお気に入り。ズームのメインはAiAF35-70mmF2.8-3.5とAiAF70-210mmF4-5.6を持ってて、newFM2(ドラ付き)とFEもしくはF501の2台に白黒とカラーを入れて持ち歩き、付け替えては楽しんでいた。当時、学生の身分でFヒトケタは買えなかったのよ。

そんなわけで、ハード資産は持っているので、Fマウントのデジタル一眼が安くなればもう一度写真を始めてもいいかな?と思っていた。銀塩のDPE作業の香ばしさ(^^;;も捨てがたいんだけど、夢のドライ暗室は手の届くところにある。もう赤電球も酢酸の匂いも、溶けにくいD-76処方も昔話なのだね。

・・・が、撮像素子の大きさの違いに起因する焦点距離の違いが、どうも馴染めない。焦点距離換算で1.5倍望遠側。
35mmフィルムに相当する広大な受光部を持つKodakのすごいの(値段もすごい)であれば、そのままの感覚で撮れそうな気がするんだけれど、買えません!!そんな高価なもの。

それ以上にがっかりしたのは、今度の「D70」もCPU無しMF-Nikkor(Aiタイプ含む)は露出計がまったく使えない。なんだよー、レンズ資産は半分無駄ってことかよ。中古でもいつか買おうと思ってたNoct-Nikkor58mmF1.2も使えないのか・・・。そりゃ、FM系のフルマニュアル機をガンガン使ってたので、露出ぐらい手動で決められるけど、銀塩よりラチュチェード狭いCCDでどれだけの画が撮れるんだか、想像もつかない。

しばらく様子見かあ。 でもこの先も、もっと使えないことになっていくんだろうな・・・・。

|

« 嫌いなこと | Main | 顔色 »

Comments

このニュース見て真っ先に君の顔が思い浮かんだ^^。
そうか、内蔵露出計使えないのね。そもそもフルデジタルなEos系だからその辺の問題は出なかったのね。
露出マニュアルだとCCDサイズの違いからの有効開口径らへんが問題になってこないかな。撮っては輝度分布見て、撮っては・・・なのかな?

Posted by: Tak | 2004.01.30 09:56 AM

ども!Takさん、毎度!

>このニュース見て真っ先に・・・
でしょうねー(^^;;
あのころは、俺「写真バカ」でしたもんね。
授業の無い日は暗室に入ったまま出てこなかったり。

指紋が無くなるほど現像液に手を突っ込んでいるか、
ドクターマリオ(懐)対決をしているか、そんな日々でしたね。

Posted by: lucifer | 2004.02.01 02:14 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Nikkorレンズのお話(D70発売!):

« 嫌いなこと | Main | 顔色 »