« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.28

コロコロマット

実家に戻って、久しぶりにGolfIIIを運転してみたり。

やっぱ、いいクルマっすね。乗りやすいや。
R32なんかに比べると設計も古いので、少しユル目でNVH多目だけれど。
エンジンマウントなどは交換してあるので、年式から見れば上等。
見切りが良くて、小回りも利いて、贅沢言わなきゃこれで必要十分以上の満足。

ATも久しぶりだったので、左足で床を蹴飛ばしてしまいましたが(^^;;

ところでmyオヤジ、運転席に「コロコロマット」を敷くのはやめちくりぃ。
(コロコロマット=タクシーの運転手とかがよく使ってる木の球を編んだようなの)
汗かきなのはわかるけど、俺にゃ背中が痛いぞ。そーいうグッズ、どこで買って来るんだか・・・・・。

けれど、もう都内しか走らないのにトランクに牽引ロープと軍手を入れてあったりするのは、さすがうちのオヤジ。「発炎筒は1回しか使えないからキライだ」と赤色懐中電灯も常備してあったり。うーん、昔かたぎのドライビングスピリッツ全開で見ていてほほえましいな。そーいうところは見習おうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

捜索中~パン屋さん~

blogがひと探しに使えるかどうかは未知数なんだけど、
試しに書いてみよう。

あるパン屋さんを探しています。店主は「倉林さん」といいます。
現在は、盛岡で開店されているとの情報まではつかみました。

10年以上前、新宿の早稲田南町で
「ブロートハウゼ」というパン屋さんを経営されていました。

ここのフランスパンは絶品だったのよ!
フランス人が買いに来るくらい、強烈に美味しかった。
ご家族でフランスまで修行に出かけたのは覚えているのですが、
その数年後、残念ながら東京を離れ東北へ出店したと伺っています。

もし、今のお店をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしく~!

| | Comments (28) | TrackBack (1)

GolfII-GTI16v

昨晩、首都高にて。

実家に帰ろうと深夜のタクシーをかき分けながら走っていると、
いつの間にか背後にピタッと丸目のGTI16v(ガンメタリック)が張り付いてた。

んんんー、おぬしヤルのう。
車線変えてもついてくるじゃあないの。
コーナー出口からスパーんと加速しても、しばらくすると再び背後に回ってくる。
やっぱ、GTI乗りは血の気が多いやね。良いことです。

彼は左へすっと出て西神田あたりで降りていきましたが、軽い車体はやっぱり楽しそう。ナンバー500番台だったので最近買ったのかもしれないけど、大事に乗ってね(^^)!ひと遊びしてくれてありがとう(^^)/

ところで、R32のインプレッションというかお気に入りの点なんだけど、GolfIVの重い(1.5ton)ボディが、まるで往年のGolfII-GTI16vのように走っちゃうところかな?シャシポテンシャルとパワーのバランスがいいんだろうか、単なるハイパワーGT系(直線番長)ではないことに、すごぶる満足。

あ、そういえば、ちょっと不満点発見。渋滞にハマッてる間は、アイドリングスタートしようとすると「ガフガフ・グーン」と燃調が落ち着かない。アクセル抜くと「ンボボボボン~」と言っているので、多分かぶってるんだな。ま、廻して何ぼのエンジンなので、渋滞は苦手ということで。ひさしぶりに竹橋でエンストしてしまいました・・・。ごめんよ、後ろに居たFit、いまどきかぶって止まるMT車てのも滅多にいないだろうから、怪しい車に見えただろうに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.27

P900i

出ますね、P900i

着せ替えパネル「カスタムジャケット」が売りだそうで。
デフォルトセットでは黒筐体には黒パネルは選べないんか。
(黒筐体は白パネル、黒パネルはシルバー筐体とセットみたい)

黒パネルだけ売ってくれるのかな。

もしくは透明パネルを売ってくれれば、オリジナル化できるなぁ。
そうそう、PowerBook1400の透明パネルみたいにね。

カーボン柄のカッティングシートなんか、かっこいいかも。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.02.25

Le Mont Saint Michel

ノルマンディの話が出たので、ちょっと紹介。

Le Mont Saint Michel(モン・サン・ミッシェル)
世界遺産にもなっているので有名ですね。
対岸はイギリス、すぐ南はブルターニュという位置にあります。

ものすごくいいところでした。天気がいいと最高だよ。
と、同時に、「こんな感じのところなんか知ってる気がする・・・・」

・・江ノ島だぁ。「洋風江ノ島(^^;;」 けなしてるわけではないんよ!褒めてるの!!
修道院の美しい景観はともかく、お土産物屋さんの感じがまさに「江ノ島」
私の中で、安芸の宮島と並んで「世界3大江ノ島ちっくスポット」に勝手に認定されました。

名物のCidre(シードル=りんご発泡酒)もうまーい。酒のあまり飲めない私でも美味いと思った。
コレ頼む時、「しーどる」と発音しても出てきません。「る」はのどの奥を鳴らすような例の発音で。
Galette(ガレット=そば粉のクレープ)も美味しいぞ。
いわゆるおやつクレープではないので甘くはないが、香ばしくて美味。

ちなみに、東京でもこんな感じの料理、食べられます。
LE BRETAGNE
神楽坂にあったよ。

ついでに、Cidreも国内で買えます。カルフールへ行くと何種類か売ってます。アルコール4%程度なので私もかろうじて飲めちゃう。
私は南町田のカルフールで750mlを1本Get。¥298!!安!
高価なシャンパンもたまにゃいいけど、こういうほうが安くて楽しいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.23

月の土地

「月の土地、買いませんか?」ってな話がある。
ロマンチックで夢のある買い物、だそうだ。
実際、身近に買ったヤツが居る。

・・・・寝ぼけたこと言ってんじゃねえよ。

売っている会社のページには法律的な権利の由来らしきものが書いてある。んが、なんだこりゃ? 合法的なのかもしれないが、「誰のものでもないものは勝手に売り買いしていい」のか?
それを売り買いして商売のネタにされて、乗っかっちゃって、「ロマンチックで夢のある話だろ?」なーんて、なに考えてんだよ。
こういう神経、よくわからん。

悪いが、僕は買わないね。
宇宙モノは大好きだが、そういう話はお断りだ。
地球の外は今のところ誰のものでもないからいいんだよ、とりあえず。アメリカのものでも、ロシアのものでも、まして一個人のものでもない。人類の所有すべきものでもないかもしれん。

私はいわゆる無政府主義者でも共産主義者でもないから私有財産権を否定するつもりは無いが、僕らが立っている地球の土地ですら、人類にとっては「借り物」だと思ってる。
とりあえず「僕らが生きている間、ちょっとこの辺で暮らさせてくれぃ」位の意識だ。

住むことも、寝っころがることも、花の1本も植えることのできない土地なんぞにびた1文も払う気は無い。
「夢の無いヤツ」と笑いたければ、笑うがいい。

----------------------------
念のために書いておくぞ。
コレを売っている会社にケンカを売るつもりも無いし、買ったヤツをどうこう言うつもりも無い。
選択肢はあなたと私に平等にある。 選択と放棄の自由と権利こそ、民主主義の鉄則だから。
「私はそれを選択しない」 そして、その理由を私は持っている。 以上、勘違いのなきよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.22

Jupiter

売れているそうです。CDショップで1位だった。ホルストの組曲「惑星」の4曲目「木星」を使ったカバーですね。
平原綾香という新人の方が歌っているそうです。なかなかDivaっぷりを披露してくれています。

私も聞き覚えのあるメロディーと日本語の歌詞の組み合わせに「おやぁ??」と思って引っかかりました、まんまと。・・・っていうか、聞き覚えがあるどころじゃなくって、昔、吹奏楽でこの曲演奏したことがあんのよ、私。ある意味、直球で引っかかるよなぁ。旋律の持つ強さという部分では、最強クラスの曲を使ってるので「ガツン」ときました。いやいや、やってくれるな。

さて、作曲者ギュスターヴ・ホルストの民俗音楽への研究はすごかったらしく、この旋律もスコットランドのものを取り入れたと教わった覚えがあります。ご承知のとおり、スコットランド・ウェールズ・アイルランドとフランスの一部(ブルターニュ)は「ケルト」という民族・文化圏に属していて独特の音楽性を持っています。大きな特徴は、とてもきれいな旋律と少し哀調のある和声でしょうか。有名なのは「蛍の光」とか「アメイジンググレイス」がこの系列ですね。賛美歌として歌われているものの中にも多く含まれています。詩篇23とかそんな感じかな。

・・・そういえば、U2はアイリッシュだし、遊佐未森さんもアイルランドに入れ込んでいたなぁ。
私も何かひっかかって、こちら側のセンサーが反応しているような気がする。フランス行っても、ノルマンディ西部からブルターニュ方面が気になって行ってみたり。アイルランドにはぜひ一度行ってみたいし。

以前も書いたと思うんだけど、ある音楽・旋律のもつ「普遍的なチカラ」って何だろう?とよく思うわけです。
売れる売れないに関わらず、そんな音楽の力を引っぱり出して聞かせてくれるアーティストが増えてくれるのは大歓迎だね、ジャンル・洋楽邦楽問わず、うん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.17

コラム系日記帳=blog(?)

blogって日記帳なのか私設コラムサイトなのか、
まあ、どちらの要素も含む私的メディアってことだと思う。

そういえば、元祖そんなサイトがあったっけ。
「ほぼ日刊イトイ新聞」
有名ですね、ハイ。

ここんちは、糸井さんはじめ執筆陣が個性を商売道具にした
第一線の方々であるからして、おもしろくないわけが無い。
んで、かれこれ5年くらい続いている。

プロフェッショナブル達の私的に見えて(実は)パブリックなコラムは
さすがに、老舗だけのことはあるんだな、こりゃ。

ひるがえって、ここのところ急速にblogは一般化してるみたいだけど、こっちはこっちで、ほんとうに個人の素のものが出て行く。
毒電波出さない範囲&逮捕されない範囲でだけどさ。犯罪はいかんからね。

素人の「デモテープ」みたいなものかな。
#火曜夜10時のNHK-FMを思い出した人、それ近いものありですね(^^;;

気合の入っていない「電子ガリ版新聞」というのが、今の私のスタンスかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.15

北国の話

友人Takさんが札幌へ行っているので、電話してみた。
すげえ楽しそうでよかった。冬の北海道を満喫されたようで。

どっかで前に書いたけど、私は北国出身者なのです。
子供の頃は東京の実家と半々くらい住んでて、行ったり来たり。
父の仕事の関係で、特に北海道内を転々としていました。

ちょと前にNow on Playで貼っておいたBilly JoelのAllentownを聴くと
空知の炭鉱街に住んでいた頃を思い出します。
石炭を運ぶ貨車が夜の貨物ヤードで湯気を上げて待っている画とか、雪降る夜中、交代勤務のおじさんたちが帰っていく姿とか。

ほんとうの、観光地じゃない北海道の姿を見ていた気がします。
それももう、閉山と共に昔話なんだけれどねぇ。

そういえば、Takさん情報、
「札幌市内はAudiが多いよ~」 やっぱり、そうでしょう、うん。
私が住んでいた頃から、そうでしたから。今はなおさら増えてそう。
quattroの真の威力は、ああいう環境で発揮できるんだもんね。
私の4motionもまたしかり、4WDの欧州車って北海道が一番向いてると思う。凍結路でも圧雪でも、高速長距離移動を強いられるんだもの、向こうと似た環境だよな。

R32だけと言わず、TDIの4motionなんか売ったら、売れるだろうにね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遊佐未森

・・ってアーティスト、ご存知の方も少ないかと。

久しぶりに聴いた。良かった、和んだ。

ルックスがタイプ(^^;; っつーのは置いといて、
和やかだけど湿度が低いのよ、この人の歌。
仙台出身らしいんだけど、北国の空気感を持ってる気がする。
暑苦しくなくて、よいです。

かれこれ10年以上活躍されているのに、あまり知られていないのは残念。
是非聴いてみてくださいませ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.14

リニューアル計画、静かに進行中。

・・・でっす。
表は特に変わりません。裏庭ができます。
ビジュアル化はそちらにて。

愚痴グチ君はまだまだ続きます、たぶん。
#って愚痴のネタ多いんだもん(^^;;

以上、なんとなく進捗報告でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.02.08

そろそろちょっと、リニューアル

ココをよく見てくれている人から、ちょっと助言をもろた。

1:愚痴グチ多すぎない?
  >そういうページでもあるんで、ちょっとご勘弁を(^^;;
2:画像がなーい!
  >たしかにそう。textベースのblogに慣れるのにやっとかかった。
   そろそろビジュアルを増やそう。
3:テーマ、重いぞ。コメントしづらいぞ。
  >うーん、「性格」てやつすかね?
   でも、もうちょっとコメント書きやすいテーマでサクッと行きますか。

というわけで、しばしお時間を。
少しずつリニューアル計画進めます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.01

Think the Earth のこと

これまた、左にリンクを貼っているんだけれど、Think the Earthというプロジェクトを個人的に応援している。知り合いが何人か関わっているため「がんばれよー」ってなスタンスでなのだが。

今日、ここのプロジェクトで出した本「百年の愚行」オリジナルプリントの巡回展を横浜でやっているので、見てきた。本では何度も見ていたのが、印画紙の力っていうのは確かに強い。本に印刷されたものより数倍切迫感のある感じだ。

ここに展示されている写真は、正直見ているだけで具合の悪くなりそうなものが多い。「オキラクゴクラク」に見れるものではないので、心して見なければツライ。 けど、これが20世紀の現実なんだよね。そしていまだその延長線上に2004年もあるんだ。

Think the Earthするのは、彼らプロジェクトの方々だけじゃなくって、僕らの方なんだよね。

"Think"または"Never stop thinking"とは、どちらも有名半導体メーカーのキャッチコピーなんだけれど、テクノロジについて考え抜くことと同時に、地球のことも考えて行きたいと思った今日この頃。

ついでに書いとくと、「♪よーく考えよー、お金は大事だよー」っていうのは、ちっとも考えてない人の愚言だよ。
お金はある程度大事かもしれない、資本主義だから。でも、もっと大事なものは無いのかい?
それこそ、よく考えてみようよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

顔色

そういえば、ずいぶん前から左側にリンクを貼ってあるんだけれど、R32のオーナーズクラブなんてものに入っている。
そのプチミーティングがあったので、東雲まで行っていた。先に着いていたFalconさんと店内をブラブラしているうちに管理人さんとすーじーさん到着。管理人さんの第一声「大丈夫?顔色悪いよ」・・・・・。

あれあれ、俺、そんなに具合悪そうに見えたんか。

ちょっとまえのblogにも書いたけど、ここのところ熱出したり変に忙しかったりで確かに疲れてる。昔から調子が悪いと顔に出る性質なので、やっぱそのとおりなんだろう。 どこかで一度アクセル抜かないと、オーバーヒートしてしまうな、うん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »