« 運転中に聞く音楽 | Main | PROPAGANDAと渋谷の街 »

2004.04.25

6wheels実行+お粥の話

さてさて、せっかく完成した6wheelsセット、とりあえず足慣らしに横浜探索に出てみた。
例の写真を撮るリハビリも兼ねて、いざ出撃。

まずは手始めに、根岸の競馬場公園(根岸森林公園)へ。
駐車場にクルマを入れ、ハッチから例の2輪を引きずり出して組み立て、Let's go!

ここのスタンド跡地の廃屋はとても風情のある佇まいだ。すぐ裏が米軍施設のためバシバシ撮影というわけにはいかないのだが、相変わらずいい味出してる。(この建物は昔懐かしいYMOの散開記念映画で使われたりして、お気に入りなのだ) ついでに公園内外をグルグルサイクリング。 ちょと離れた場所(公園の正門側)には松任谷由美の歌で有名になったレストラン「ドルフィン」もある、入ったことはないけれど。米軍の消防署がすぐ目の前にある、5桁の施設番号が建物に書いてあって、福生とか座間と同じような雰囲気を醸し出している。

広い芝生で2時間くらい日向ぼっこをした後は、山手の坂を下りて山下町からみなとみらい方面へ。
赤レンガ倉庫脇の有料駐車場にクルマを突っ込んで、再び2輪へコンバート。
この界隈から馬車道にかけて、いい建物がいっぱいある。再開発でずいぶん減ったけれど。チャクチャク撮りながらアルテリーベの前辺りでオナカが空いた事に気付く。おー、なに食べようか・・・、胃潰瘍に差障りの無いような外食かぁ。

そこで重要なことを思い出した。胃の悪い時には「お粥」・・・そう、中華街へ行けば中華粥が食べられるじゃないか!

実は学生時代の友人が、中華街で一番有名なお粥屋さんの御曹司だったりする。 早速電話してみる。と、山手の家に居るようだ。「チャリで店まで降りてくよ、15分くらい」。おー、超ラッキー。店の横で落ち合わせて、本店の3階へ。(並んで待ってた人スンマセン・・・超人気店なので20人くらい並んでいたのだが、割り込みじゃあないのよ・・マジで)
IMG_0903.JPG
3階から賑わう中華街を見下ろすの図。

さてさて待望の中華粥、何入りがいいかなぁ・・ 「胃が悪いのならモツ入りはどうだい?」・・・は?
彼曰く、調子が悪くなっている部位と同じものを食べて補ってやるのがいいそうで。
ほー!!、さすが医食同源の文化だなぁ。恐れ入りました、さすが中国4000年(以上)。目からウロコ。

味は(ご存知の方にはおなじみの)あっさりなのにコクのある秘伝のダシで、体の温まる美味しさ。
行ったことの無い方、ゼヒゼヒ一度行ってみて食べてください。美味いんだホントに。

お土産に4食分のお粥も頂きました。ありがとうね、T君&おばちゃん。
今、それ食べながら書き込みしてます。トッピングはサバ缶にしてみました。これもけっこうおいしいぞ。
(本当は白身の魚がベストのようです、刺身を湯通しして乗せると本格的。揚げパンも忘れずに。)

というわけで、横浜満喫の一日でした。

|

« 運転中に聞く音楽 | Main | PROPAGANDAと渋谷の街 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 6wheels実行+お粥の話:

« 運転中に聞く音楽 | Main | PROPAGANDAと渋谷の街 »