« March 2004 | Main | May 2004 »

2004.04.30

CELIO* とか

では逆に、世界的に見て「MUJI」や「UNIQLO」に匹敵するような
ベーシック衣料(普段着)を扱うブランドって存在するのだろうか?

その1:「GAP
    既に日本に上陸済み。最も普及したアメリカンブランドですね。
    世界中どこ行っても大きな都市には数店舗はある。
    英語が通じるのでとりあえず買うには便利。
    でも、ちょっと装飾過多な感じがする。
    アメリカな匂いがプンプンする衣料多し。

その2:「celio*
    まだ日本上陸せず。主にフランス国内からEU各国に多く
    点在。シンガポールにはある。
    自分的には通称「フランスのUNIQLO」。
    でもディティールや着心地ははるかに上。そこはかとなく
    上品な感じ。何枚かシャツやセーターを買い帰ってきました。
    都市部がバカンスでSOLDE(セール)期間になる7月位に行く
    とバカ安で買えるよ。
    (あ、現金で買わずにカードで買うと便利。
    消費税(VAT/TVA=19.6%!!)が還付しやすいです。)

    #ちなみにコレ着て、アディダス履いて、ソルボンヌの授業に
     闇で出ていたことあり^^そんな格好なら「アジア系留学生」
     にしか見えないので、教室までスルーで行けましたよ。
     あまりお勧めしませんが^^;; 
     拙いフランス語の能力ではちんぷんかんぷんだし。

というわけで、世界にはまだまだ私たちが着ていない
「普段着」ってものが存在しているのだ。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

無印良品のメガネ

無印良品といえば、もはや知らない人も居ないくらい一般的な「ブランド」になっている。
ロゴなしでここまで知名度を上げたブランドって珍しい。実は既に20年来のロングセラーであることも特筆に価する。

元々は西友や西武百貨店のプライベートブランドだったので、全国津々浦々の西友で売っていたり
元セゾングループのファミリーマートでもまだ扱っていたり、比較的目に触れる機会は多い。

いわゆる「セレブな」ブランドはちょっと苦手(というか嫌悪感まで抱く。みんな同じロゴのブランド買って見せびらかして、楽しいんだろうか?)私としては、お気に入りの一つ。
中学生くらいの頃、売り出され始めたのを田舎の西友で文具などをちょこちょこ買っていたのを皮切りに、今だに何かしら買い続けている。よく似たディティール・コンセプトのプライベートブランドはダイエーやイトーヨーカドーでも出していた時期もあったんだけど、本家本元にはかなわなかった。(今はもう無いよね)

ここ数年になって、すこし同じようなベクトルの「UNIQLO」が爆発的に幅を利かせたが、衣食住のすべてを包括した商品展開は、やはり元祖無印良品にはかなわないよね。普段着は相変わらずUNIQLOで買いますが。安いし。

で、関東では有楽町店限定なのだが「メガネ」も扱っている。決して安物ではなく、実は「東レ」が製造元のちゃんとしたメガネである。しかも安価で多彩なバリエーション。私も3本くらい持ってます。有楽町という場所柄、帝国ホテルに滞在中の外人観光客もよく買っているのを見かける。「MUJI」といえば既に主にEU各国でも一定の地位を得ているので、見つけて買っていくのだろう。私もパリの店舗をのぞきにいったことがある。

格式を打ち破る試みを20年来続けてきて、しっかりとワールドスタンダードブランド(ここであえて「グローバル」などという陳腐な言葉は使わない)に成長した無印良品、私たちがここから何か学ぶところは無いだろうか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.04.29

本日のメニュー

明日、胃の再検査を受ける。
ので、今日はほぼ絶食。とはいって、何も食べないでクスリばっかり飲んでいるわけにはいかない。
万が一、胃の中に内容物が残っていると面倒くさいので、「無色の流動食」を食べてくださいと医者からお達しが。

そこでこれだ。
IMG_0912s.jpg
こちらが本日のメニューになります。

宇宙モノ好きの私的には、ポカリの地球缶はちょっとお気に入り^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.28

エージング中

例のヘッドホン900ST、エージング中です。
だいぶ素直な音になってきたぞ。
IMG_0908.JPG
楽器ラックに吊るして通電中。

普段はこんな感じで放置してます。
IMG_0909.JPG
液晶に引っ掛けて、いつでも手の伸ばせる場所に。

もうちっとマシな引っ掛け場所無いかなー。エレクターの小物パーツ、ハンズで買ってくるか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.27

改良中

ここ数日、なぜか着々とビジュアル化が進んでおります。
いや、文章だけだと伝えられないものもあると思ったから。
「百聞は一見にしかず」ってか?

#今日の昼ごろまで謎のスレッドが貼ってあったんだけど、
 諸般の事情で削除されました。見ちゃった人、忘れてください・・・^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.26

PROPAGANDAと渋谷の街

そうかー、あれから20年経つんだなー。

下の話(根岸森林公園)で資料あさりをしていて、YMOの映画で思い出した。
映画「プロパガンダ」1984年4月18日渋谷公会堂にて上映。
byポニーキャニオン公式ページ参照

忘れもしないあの日、実家から自転車で渋谷公会堂に行ったのだった。まだ小学生だったのね。ナケナシのおこずかい貯めて、チケット買って。いやもー、いわゆるYMOチルドレン(死語)でしたっけ。

あのころの渋谷はちょっと涼しげで不思議な街だった。新宿や池袋とは違う不思議な大人がいっぱい居た。
でも、子供はそんな街でも自分の居場所を見つけるもんだ。公園通りの「たばこと塩の博物館」のある場所は、当時は空き地で、いろんな廃材が置いてあったりして子供には格好の遊び場だったり。

すごく覚えているのは、代々木体育館と岸記念ホールの間の高い壁のてっぺんに上がると(よい子は危ないので止めましょう^^;;)、公園通り越しに渋谷駅の方が見えて、PARCOのネオンが夕暮れに溶けていくのを暗くなるまでずっと見ていたり。YMO最後のオリジナルアルバム「Service」に収録されてる「perspective」という曲があるんだけれど、この歌詞の雰囲気そのものだったのね。みんな郊外に帰っていくんだ、山手線や東急電車に乗って。

In the gleam of the brilliant twilight
I see people torn apart from each other
Maybe that's their way of life

こんな歌詞から、たかが小学生の僕は何を感じ取っていたのだろう。
あれから20年経った。渋谷の街もずいぶん変わった。自転車ではなくクルマや東横線で行く街になったけど。
僕も、夕暮れになると帰っていく大人になったんだね。
Maybe it's my way of life

でも、あの壁の上から今の僕を見ている子供は、まだ自分の中に居るに違いない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.04.25

6wheels実行+お粥の話

さてさて、せっかく完成した6wheelsセット、とりあえず足慣らしに横浜探索に出てみた。
例の写真を撮るリハビリも兼ねて、いざ出撃。

まずは手始めに、根岸の競馬場公園(根岸森林公園)へ。
駐車場にクルマを入れ、ハッチから例の2輪を引きずり出して組み立て、Let's go!

ここのスタンド跡地の廃屋はとても風情のある佇まいだ。すぐ裏が米軍施設のためバシバシ撮影というわけにはいかないのだが、相変わらずいい味出してる。(この建物は昔懐かしいYMOの散開記念映画で使われたりして、お気に入りなのだ) ついでに公園内外をグルグルサイクリング。 ちょと離れた場所(公園の正門側)には松任谷由美の歌で有名になったレストラン「ドルフィン」もある、入ったことはないけれど。米軍の消防署がすぐ目の前にある、5桁の施設番号が建物に書いてあって、福生とか座間と同じような雰囲気を醸し出している。

広い芝生で2時間くらい日向ぼっこをした後は、山手の坂を下りて山下町からみなとみらい方面へ。
赤レンガ倉庫脇の有料駐車場にクルマを突っ込んで、再び2輪へコンバート。
この界隈から馬車道にかけて、いい建物がいっぱいある。再開発でずいぶん減ったけれど。チャクチャク撮りながらアルテリーベの前辺りでオナカが空いた事に気付く。おー、なに食べようか・・・、胃潰瘍に差障りの無いような外食かぁ。

そこで重要なことを思い出した。胃の悪い時には「お粥」・・・そう、中華街へ行けば中華粥が食べられるじゃないか!

実は学生時代の友人が、中華街で一番有名なお粥屋さんの御曹司だったりする。 早速電話してみる。と、山手の家に居るようだ。「チャリで店まで降りてくよ、15分くらい」。おー、超ラッキー。店の横で落ち合わせて、本店の3階へ。(並んで待ってた人スンマセン・・・超人気店なので20人くらい並んでいたのだが、割り込みじゃあないのよ・・マジで)
IMG_0903.JPG
3階から賑わう中華街を見下ろすの図。

さてさて待望の中華粥、何入りがいいかなぁ・・ 「胃が悪いのならモツ入りはどうだい?」・・・は?
彼曰く、調子が悪くなっている部位と同じものを食べて補ってやるのがいいそうで。
ほー!!、さすが医食同源の文化だなぁ。恐れ入りました、さすが中国4000年(以上)。目からウロコ。

味は(ご存知の方にはおなじみの)あっさりなのにコクのある秘伝のダシで、体の温まる美味しさ。
行ったことの無い方、ゼヒゼヒ一度行ってみて食べてください。美味いんだホントに。

お土産に4食分のお粥も頂きました。ありがとうね、T君&おばちゃん。
今、それ食べながら書き込みしてます。トッピングはサバ缶にしてみました。これもけっこうおいしいぞ。
(本当は白身の魚がベストのようです、刺身を湯通しして乗せると本格的。揚げパンも忘れずに。)

というわけで、横浜満喫の一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

運転中に聞く音楽

こんな興味深い記事があった。
「ドライブ中に聞く音楽で、もっとも危険な曲は、ワーグナーの『ワルキューレの騎行』である」by responce.jp

うーん、たしかにそんな気もする。
昔々、「メルセデスに乗ってワーグナーを聞きながらアウトバーンをぶっ飛ばすと気持ちイイらしい」というまことしやかな噂を聞いたことがある。MBじゃないけどVWではどうだか試しにやってみたことがある。ドイツ車ならば同じなのか?

結果。VWにワーグナーは合わない。いや、個人の趣味も相当含んでだけど。 ワルキューレと指輪とマイスタージンガーをMDにつっこんで、ひとしきり東名高速を走ってみたけど、なんかねー(^^;;) なんか、帝国ちっくな匂いがしないのよ、今のVWには。それはそれ、3.2Lでも大衆車。 かといって、クラフトワークの「アウトバーン」のような空冷ビートル時代ののどかな雰囲気からも遠く離れてしまっている。

いまどき危ないのはトランステクノ系ですかね。あの「頭文字D」の影響もあって、そんな走りをしちゃいたくなってガードレールとお友達になるワカモノはけっこう昔から居るなー。(危うくやりそうになった、俺も)

今、私が車内でよく聴くのは、EU系エレクトリック。バカテクノではない方。
EU各国(UK・F・Dなど)のWebRadioってPCでよく聴くんだけど、WRCラリーのBGMに使っているようなかっこいい曲がけっこういっぱいある。こういうのすきだなぁ。本当はCD欲しいのもいっぱいあるんだけど、アーティスト名不明なのも多くてAmazon(.ukと.fr)でも探しきれない。現地へ行って買うしかないかなぁ。megastoreやFnacを廻って。

今、オランダに行ってる妹に買い付けてきてもらえばよかったなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.24

6wheels

チャリンコを復活させた。

26インチフルサイズのMTBなのに折りたたみ式、というちょっと珍しい自転車を持っている。一応、国産らしい。
IMG_0873.JPG
こんなの。

折りたたみ(フォールディング)は普通18から20インチが主流みたいで、最近はおしゃれな小径自転車ってことでよく見かける。これなら車載にはちょうどいいし、置き場所にも困らない。折りたたんで屋内へ置いておけば盗まれる心配も無い。(ホント、盗難チャリンコって多いよねー)

でも私のは、こういった小径ではないところがミソなのだ。
アルミフレームで前後サスペンション付きシマノ18段ギア、乗ってる分には普通のMTBとして使える。小径のヒョコヒョコして疲れる感じはまったく無い。車に積んで遠くで遊ぶにはもってこい。・・・といってずいぶん気に入って買ったのだが、ここ3年くらい忙しくて乗れずに使わないで実家に置いてあった。

その間も、うちのオヤジはPeugeotのサハラ(こいつは26インチでマグネシウムフォーク!!)にいろんなパーツを付け替えて遊んでいたらしい。帰るたびに自慢するのでちょっとむかついた。なんだよー、不良老人め。ムスコはまだまだ勤労者なんだぞー。おまけに胃潰瘍なんだぞー(謎) #いいなー、年金生活^^;;
という訳もあって、悔し紛れに横浜へ引き上げてきたのだ。運動不足解消にもなる(はず)だし。

今回復活させるにあたって、ちょいと問題が発生。前のGolfIIIのハッチには問題なく載ったのだが、今度のR32では後部座席を倒さないと載らないことが判明。どうやってもそのままでは載らない。はて、GolfIVの方がラゲッジルーム狭いのか?? ひょっとして4motionで底が上がっているからか?? どうやらラゲッジルームの内張りが高級になった分、少しばかり狭くなっているようだ。せっかくの26インチも楽に載せられなきゃ困っちゃう。

解決策はあった。フロントタイヤが固定式なので畳んでも微妙に干渉してしまうことが原因だった。そこでフロントのみクイックレリーズに交換してみた。・・・と書くは簡単だがいろいろ大変だったのよ。ハブのシャフトがソリッドだったために簡単にはクイックレリーズにはならないことが発覚。ハブはなぜかシマノ製じゃないのが付いていたのでシャフトを引っこ抜き、径と長さが合うシマノ用中空シャフトを探してはめ込み、ベアリングを組みなおし、ブリヂストンのアフターパーツで残っていたレリーズキットを合わせ込んだのだ。
#最近は後付けクイックレリーズってあんまり置いてないみたい。昔のは脱落しやすかったのでPL法だかのからみでハブ一体型が主流のようです。

さて前輪を外してみると、見事ぴったりハッチの中に納まった。
これで念願の6wheelsセット完成。
IMG_0814.JPG
こんな感じで収納されます。

色はシルバーでフロントフォークがブルーメタリック、リアサスのスプリングが青・・・。おっと、まるでVWRacing純正のような色じゃないですか(^^;; 
IMG_0810.JPG
めちゃ自己満足。これでタイヤがミシュランだったら完璧だ(ヲイヲイ)

そうそう、この6wheelsって誰が言い出したのか、なかなかだねぇ(^^) クルマ4輪+自転車2輪で6輪なスタイル。 2輪がエンジン付きの人も居ますがね^^ 2輪の部が複数で、計12輪ってツワモノもいらっしゃるようですが・・・・。

| | Comments (29) | TrackBack (0)

2004.04.07

やっぱり猫が好き

事の次第(体調の件)を実家に電話したら、電話の向こうで猫が鳴いている。

うちの猫 「のんたん(通称のんた)」 1984年生まれ=今年で20歳(!!) メス 雑種 北海道出身。
まっ白いので、有名な絵本のキャラクターの名前を頂いた。
IMG_0020.JPG
「なんだよー」の図

もー、すごい長生きなのよ。生き神様に奉りたいくらい。オフクロは末っ子扱いしている。
最近若干耳が遠くなってきたらしく、ちょっとした物音には動じないのだが、私の声は電話越しでも判るらしく、電話の向こうでなんか言っている。さすが20年も一緒に暮らしてくると、日本語しゃべれなくても何言ってるんだか大体判る。どうやら獣医に連れてかれたのを、相当癪に障ったらしい。(獣医さんにはでかい犬が居て嫌いらしい)
そーいうわけで、私には「ミャウリンガル」はいらない。

私も実は、犬がちょっと苦手。昔よく追いかけられたから。

さて、さっきからまた矢野顕子さんのCD聞いている。昔のアルバムに「峠のわが家」というのがあって、2曲目の「David」はフジテレビの「やっぱり猫が好き」というコントドラマの主題歌だった。あれは1986年(後日訂正:大ボケ報告。1990年のようです。使いまわしのVHSテープにいろいろ残ってて、ドレがいつごろだかww、コレなんかウゴウゴルーガとかも一瞬入ってるし・・・)頃。もううちにのんたんは居た頃だな。田舎の灯油ストーブの前でこいつと一緒に見てた記憶あり。

今の横浜の家の周りも住宅街なので猫がいっぱい居る。今日は暖かかったので何匹も路上で日向ぼっこをしていた。んー、かわいいなぁ。

そういえば、今まで会った猫で最も肝の座ったかっこいい猫は、パリの本屋「シェークスピア書店」の2階に居た真っ黒なヤツ(すんません、本屋の場所は実家に帰って地図を見ないと判らず)。客が来ようがちょっかいを出そうが、「なんか用?」って感じで片目をあけてじっとこっちを見ている。しばらくすると「我、関せず」とまた本の上で寝ている。かっこいー、Parisianっぽくってクールな猫。「あんたの考えてることなんかお見通しだからね」ってスカした野郎なんだけど、自由気ままな猫っぷり抜群で、私は好きだな。

というわけで、私はやっぱり猫が好き。 うちのももっと長生きしてね!大事な家族なんだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.06

続・胃が痛い・・・

やー、やっと病院から帰ってきた。それにしても病院前通りのサクラ並木のきれいだったこと・・・・。

こんな時間に悠長にblogなんぞカキコしてるのは、なんだかマヌケ。

胃カメラ(内視鏡)飲んできました。自覚できる医療行為の中ではツライものの一つですなぁ。苦いわ気持ち悪いわオエッの連続だわ麻酔されてヨダレだらだらになるわ・・・無残。「胃壁を掃除する」液体ってのも飲まされたんですが、世界一不味い飲み物に決定。ポカリスエットにチオ硫酸ナトリウム(ハイポ)入れたような味>って知ってんのかい俺。まあ、他にもツライ(話すとヲイヲイな・・)医療行為を何個か受けてる私には、まだ楽勝。

んで結果。バッチリ穴開いてました(苦笑)&十二指腸になんか有り。>再検査決定(泣)
次回はクルマで行っちゃいけないんだってさ。なんか注射されちゃうらしい。

飲みクスリも変更になりました。さようならガスター、さようなら西村雅彦。
今度のは「パリエット」byエーザイ 主成分:ラベプラゾールナトリウム=プロトンポンプ阻害剤(胃酸を止める)
本格的医療用胃潰瘍治療薬のようです・・・ え、指定医薬品? こ、怖わー。

胃にしみない豆乳でも飲んで寝ます。はい。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2004.04.04

smart thing

「smart」ってクルマ、ご存知ですよね?
>>smart公式ページ(日本語)

メルセデスベンツとスウォッチが開発した・・云々、ってのは置いといて、コミュータ用途にはこれほどよくできたものは無いと言えるほど、ホントよくできたクルマです。 実は、家族に買わせようと企むくらい(笑)。実家ではなぜか「ウルトラマン・カー」と呼ばれていますが。ヨーロッパに居た時いっぱい走ってたのね(まだ正規では日本に入っていなかった頃)。ポンピドゥセンターの近所にいつも停まってた赤銀のを見て、顔が「ウルトラマンに似ている」と言ったのが運の尽き、我が家の両親には「ウルトラマン」として記憶されてしまいました。

ちょっと前、銀座に行った時、7丁目のヤナセスクエアで期間限定で展示をしていたので珍しく全車種見ることができた。オープンあり、軽バージョンあり(600ccターボなので軽規格内)、ロードスターという超低車高バージョンあり(ドアを開けると手の平が路面に付く!!)、クロスブレードという「ある意味」究極のオープンあり、知らないうちにいろいろ出てんのねー。MB(もといダイムラークライスラー)らしく「BRABAS」バージョンとかあるし。あ、AMGは無いんですか(笑)
特にクロスブレードはすごいよ!、「ヘルメットもしくはゴーグルの着用をしてください」だとか「雨天は走行しないでください」(^^;;とか、ヲイヲイこんなの売っちゃっていいわけー?その英断に拍手!!

そのとき申し込んだカタログが先日届いた。住所が合ってなかった(区を書き忘れた)のに届いたのはエライ!ヤナセ東京支店の方、スイマセンでした。まあ、昔も芝浦にはVWでお世話になってましたが(^^)。

さて、コレに乗っている方が知り合いにいる。社内でも有名なクルマ好きの女性なんですが、かっこーい&かわいい方です。旦那さんも相当クルマ好きみたいで、先日第3京浜・都筑でお会いしたとき「むむむ、この人は底知れぬ(正しい)クルマ好きに違いない」とピンときたわけです。

ところで、「コミュータ用途に・・・」と切り出したわけですが、実は実力は侮れないものがあります。その女性、毎年のように北海道や九州の遠乗りに出かける。長距離を走ってもいいんだコレが! そうねー、日本の軽自動車で遠乗りする気になるのはスズキWagon-Rか三菱ek-wagonくらいだなー。こいつらはよくできてるよ、パッケージも走りも。

今、自分の乗っているR32号は、どちらかというとsmartじゃない部類に入ります(アタマワルイ系)。首都圏のコミュータとしてはかろうじて次第点、ま、車格はGolfだから。遠乗り用+スポーツとしては最高なんだけどね。

どちらもかなりの実力でこなせる「smart」は、まさにsmart thing/choice だと思うんだよなー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

写真屋Reloaded

・・言ってる自分が恥ずかしい(^^;;

先日実家に帰った時、棚から使いさしのT-MAXデベロッパーが出てきた。(T-MAXデベロッパー:Kodakの白黒フィルム用現像薬、希釈液なので便利。)
数年前のものなので蓋も固着していて茶色くなっていた。酸化してしまったんだろう。ようやく蓋を開けると少し懐かしい匂いがした。この黄色いラベルのプラ瓶、何十本使っただろうか。

ずっと昔その昔、初めて写真のおもしろさにハマッた頃は、フィルムはKodakのTRY-X400(TX)で、薬液はフジのミクロファインで現像していた。これの1:1希釈現像はすごくシャープな画が作れた。薄めのネガに仕上げておいて、三菱・月光の4号紙に焼くのが好きだった。なんだか組み合わせ滅茶苦茶ですが、いい味出るのよ。
その後、T-MAX400(TMY)というフィルムが出た。ISO400なのに粒子が目立たず、前出のデベロッパーを使うと濃いネガでも不思議と焼きやすかったのですぐさま乗り換えた。まあなんたって楽なんですよ、濃縮液を4倍に薄めるだけで20本近い処理ができたんで。4連リールの長タンクで5回分まで現像時間気にせず行けちゃうし、増感処理もできちゃうし。

  ・・・そしてある事件でまったく(ちゃんとした)写真を撮らなくなる。・・・ まあ、それについてはもう忘れよう。

さて、ついこのあいだ諸般の事情で、川崎のヨドバシカメラに何度か行く機会があった。昔、西武デパートが入っていたルフロンというビルに移転して新装開店だったりしたので、どんなものが置いてあるのか売れているのか市場調査(笑)も兼ねて、ひとしきり上がったり降りたり。例のデジタル一眼もあった。おー、重いな・・。
「カメラ」と名の付く以上、アキバや郊外型の家電店とはやっぱ違うわ。まだまだ銀塩系のモノも扱っている。そして発見。なんだこの店、暗室道具も印画紙も薬品も、水貼り用のパネル(!!)も売ってるじゃないの! ヘタをすると新宿へ出るより便利かも。

うーんうーん、撮りたいよー焼きたいよー
ひとしきり触発されて数年ぶりにスイッチが入りました。よぅし、写真を(また)始めよう。がしかし、悠長に暗室に篭ったりしている余裕は無いの。激忙サラリーマンだから。

結局、デジカメ用のメモリーカードと予備電池を買い足して、手持ちのCanon IXY-Digital(初代)で撮りはじめる事にした。これならPhotoshopという使い慣れたツールもある(ドライ暗室、それがこのソフト本来の使い方だしねぇ)。
結果・・・腕は落ちてる(T_T)、道具はこんなもんか・・・、が、コレはコレで楽しいぞ。昔よく撮った横浜の町並みをもう一度歩いて撮り直して見た。あの頃の建物はかなり減ったけれど、イメージに近い画が撮れた。Wow!

というわけで、写真屋「Reloaded」宣言いたします。デジタルになって帰ってきました。やっぱ恥ずかしい響きだが(^^;;

作品はそのうち、貯まってきたら公開いたしましょう。
「netでの常設写真展」ってのが、あの頃の夢だったわけだしねぇ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.04.02

胃が痛い・・

胃薬のんでなんとかしのいでいたんだけど、やっぱり胃の上部が痛い。今朝も飲んだクスリを全部吐いてしまうという失態に陥る。
処方薬で一時的に食べられる状態まで回復していたんだけど、根本的に何かおかしい。

来週、内視鏡による検査を受けることになった。いわゆる胃カメラ。
何も出なければそれはそれでOKだけれども、この不具合を何とかしたい。なんか見つかったら、それこそ大変だなぁ。

30代も半ば、人間という生物機械のどこか壊れてもおかしくない年月だな。

生物は意外と丈夫にできている。自己修復機能という優れた機能を持っているから。(PCやらクルマに比べるとなんと賢いことか・・・)
ただ、その修復ペースを超える酷使を続けると、もうテキメンに悲鳴を上げる。

そこまで陥らない「逃がし方」を私は知らない。残念ながら今は逃がす手段も持ち合わせていない。自己管理も大事だが、自分で管理するにも限界あり、自分を甘やかすのは苦手だ。
産業医もメンタル管理のコンサル契約も持っていない企業で働くのもなかなか大変だな。

で、私は身銭切って医者に相談するくらいのことはしている。だって、自分大事ジャン。(決して安くは無い。死にたくないから自腹切ってるだけ)

ところで「NotePC配布しようか。入院してても仕事できるよ」と言われた。
・・・・あの、そこまでしなきゃ会社で働く資格無いんですか?
そんなに私の仕事、重要なんですか?

じゃあ、それなりの勤務条件とそれなりのケアを望むよ。 所詮、会社なんてそんなもんだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »