« 不思議な石たち。 | Main | 書き慣れない文章 »

2004.05.29

広い線路

京浜急行線の駅で、Rくんと立ち話。

「京急って線路広いよねぇ。だから、こんな路地みたいなところ130km/hで走れるのかね。快特の先頭に乗ると目が廻るけど川崎から横浜まであっという間だね」
「新幹線と同じ幅らしいよ。JRより30cmくらい広いよね、上から見ただけで違いが判るくらい広い」
「乗り入れてる都営地下鉄(浅草線)も広いよね」
「うん、新宿線も同じくらい広いよね。都営は広いね」
「そういえば、だから京王電車も広いような・・??」
「乗り入れしているものは同じ幅だよね、うん。小田急と営団とJRとか」
「ところで、なんで別の線路になっちゃったんだろ?」
「どっちかがアメリカ式で、反対がイギリス式なんじゃねーの?」
「んー、そうかも」

えー、家に帰ってnetで調べてみた。
上の会話、私もRくんも、少し勘違いをしていたようだ。

実際にはこうだった。
京急と浅草線と京成など&新幹線>広軌(国際標準軌と言うらしい)1435mm
JRと小田急など関東私鉄の大部分>狭軌1067mm
都営新宿線と京王と都電と東急世田谷線>馬車鉄道軌1372mm

今回の「へぇ!」 
1:「新宿線は広い」は正解だけど、浅草線ともまた違うのね。
2:そうなった理由は、京王がむかし、都電と同じにしちゃったから。
3:「都営は広い」は不正確だった。三田線はJRと一緒。
わたし的には15へぇ位か。知らんかった、奥が深い。
「30cmくらい広い」は当たってたなぁ。目視って意外と正確。

その他、深追いするといろいろな情報いっぱい出てくる~
書き切れない、鉄道に詳しくないのでよくわからない^^;;

ちなみに、アメリカ式・イギリス式の話はどこにもありませんでした。
はて、じゃあなんで、JR(国鉄)はそんなに(逆に)狭いんだろう?
#建築費が安い、カーブがキツイと有利という話はあったけど・・・
1067mmなんて中途半端な数字、どこから来たのだろう??
謎は深まる・・・・

追記:Rくん、「東急電車は小さい」は半分正解でした。
    東急は、古い電車は全長18mだったんだってさ。
    山手線とかは、昔から20mだそうです。

|

« 不思議な石たち。 | Main | 書き慣れない文章 »

Comments

京王線が都電と同じ幅なのは、関東大震災の時に多摩地区から再建のための建築資材を運ぶためにそうなった、、、、、と、人からは聞いていたのですが。

http://www.keio.co.jp/press/ivory/28/his01.html
単に"市電と同じ幅"でしか無いみたいですねぇ(^^;;
震災の時の話にも出てきてないし。
http://www.keio.co.jp/press/ivory/22/his01.html

しかし京王線が震災後に資材運搬用の線路として活用されたのは事実のようです。

京王線の特急は一般車両と同じですが、しっかり130km/h位出してくれるのはやはり線路幅のせいですかねぇ。
小田急線の"止まらないだけで速度が速くない特急"も何とかして欲しいもんですが(^^;;
あ、ロマンスカー(古い方)の車台が車両の継ぎ目部分に存在するのは、箱根湯本まで乗り入れる時に急カーブで車体がはみ出したりしないため、、、だったと思います。

Posted by: irikura | 2004.05.30 10:06 AM

こんちはっ!!
本文とは関係ないコメントでスマソ。
遊びに来たよ。
久々に合いたいねぇ。ビトもいつの間にかに
弐号機になっていたり・・・。
でわでわー

Posted by: Kim | 2004.05.31 01:17 PM

どもども。

>irikuraさん
京王のページ、面白いっすねぇ!
じいちゃんが「伊勢丹の前で都電に乗り換えて・・」と言っていたのはマジだったんか、と思い出しました。ほぉ。

小田急の不甲斐なさは確かにそう感じます。
「どうなの!そんな特急って!!」とか思いましたねぇ。
相鉄の停まりまくる急行も相変わらずですが。

>kimさん
見つけましたね^^;; メールしようかと思ってたんよ。
びぃ号、いいすねー。弐号すか^^;; そのうち乗せてください。
#んー、シフトミスは許してちょんまげ(古)。

Posted by: lucifer | 2004.06.01 11:33 PM

>#んー、シフトミスは許してちょんまげ(古)。
そんな時は「めんご,めんご」ですよ(激古)。

今度びぃ号乗ってみてください。
いまどき珍しいプリミティブな車で楽しいですよ。
それじゃぁ,あっしは「どろん」しますんで(w

Posted by: Kim | 2004.06.04 12:58 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 広い線路:

« 不思議な石たち。 | Main | 書き慣れない文章 »