« 盛岡の印象 | Main | Travel is Trouble »

2004.05.18

啄木記念館

盛岡の北側、渋民にある石川啄木記念館へ行ってみる。

桜はすでに葉桜になりかけ、遅い春の終わりを感じさせる。
takuboku_museum.jpg
あいにく天気も悪く、空いていた。

資料に目を通しつつ、つくづく漂泊の人生だったんだなぁと感慨。明治45年4月13日死去、享年26歳2ヶ月。まだ若かったんだな、苦労したんだなぁ。もはや私の方が長生きだ。

北国と東京を行ったり来たり、道内を転々としたり、ああ、なんか知ってるぞ、その感覚。・・・おっと、我が家と一緒じゃん、こんなに悲惨じゃないけれどさ。

彼が代用教員を勤めた尋常高等小学校が残っている。木造2階建てで質素だがいい雰囲気だ。
子供用の小さな机や椅子も残されており、小学校の教室独特の懐かしい感じがする。

誰もいなかったので、ちょっと写真で啄木ってみる。

「先生、働いても働いても楽にならないんだけど、なんででしょう?」
student.jpg
猫背の生徒、一名。どうやら働きすぎで胃が悪いようだ。

「・・・それは先生にもわからないんだなぁ。うん。」
teacher.jpg
ああ、じっと手を見るw

ネタはともかく、悲喜哀楽の密度の濃さ、感情へのマジメさにいたく感慨を受けた見学でした。
すこし前の「トリビアの泉」でローマ字日記のことが出てましたが、本質的にマジメじゃなきゃ、あんなことまで日記に書かないよなー。

|

« 盛岡の印象 | Main | Travel is Trouble »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 啄木記念館:

« 盛岡の印象 | Main | Travel is Trouble »