« ボワ・ド・ヴァンセンヌ訪問-1 | Main | ボワ・ド・ヴァンセンヌ訪問-2 »

2004.05.22

迷い道もいいものだ

さて、お昼にヴァンセンヌへ戻るまでけっこう時間がある。
思い立って小岩井の方へ行ってみる。

今日はすばらしく天気がいい。盛岡大の農場から岩手山がよく見えた。
mtiwate.jpg
ほんとうにいい山だ。まだ雪が残っていて美しい。

「ふるさとの山に向ひて 言ふことなし ふるさとの山はありがたきかな 」
ここは私の故郷ではないけれど、
石川啄木の気持ちがもう一つわかったような気がする。

そして、宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」のあの山はたぶん岩手山がモデルなのだろう。美しくも雄大で険しい感じはまさにこれだったんだ。すっかり子供の頃の感覚が蘇ってきていた。

再びクルマに乗り小岩井を目指すが、どうやら道を間違ったらしい。
風景は広い牧場と森林の中を走っているが、農場の建屋らしきものに到達しない。

林を抜けた直後、ある光景が目の前に飛び込んできた。
富良野や美瑛で似たような風景はいっぱい見てきたが、ここまでのは初めて。

いままで見たこと無い位、美しい。そして凛々しい。
koiwai_sakura.jpg
「小岩井の一本桜」 偶然ここにたどり着いた。
青空の下、今まさに散ろうとしている古木が凛と立っている。

・・・迷って初めて出会うものたちもあるのさ。
だから、私はカーナビを着けない事にした。迷わずガイドに従って走っていたら、絶対に出会えなかった風景。そういうこともあるんだ、いやそういうものなのかもしれない。

ただ、ほんとうのナビゲーターが助手席に座っていてくれたら・・って思ったけれど。
一緒に迷ってくれる人が隣に居れば、もっと人生楽しいだろうに、ね。

私の中の「子供の自分」に呼ばれたような気がした。
「僕はおじさんになっても独りぼっちなの?」
ああ、そうなんだ。まだ、今はね。

|

« ボワ・ド・ヴァンセンヌ訪問-1 | Main | ボワ・ド・ヴァンセンヌ訪問-2 »

Comments

すげー青空。

Posted by: 銀タテト | 2004.05.22 10:26 PM

あー。判る判る>迷い道の楽しさ
似たような理由でカーナビ付けてない人ですんで。

迷ったあげくに言葉も出ない景色に出会うと止められないよね。

しかし。
本当のナビゲーターが助手席に居て、それで迷うと楽しいけど大変です(^^;;;;
#いや、マジで(^^;

Posted by: irikura | 2004.05.23 02:07 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 迷い道もいいものだ:

« ボワ・ド・ヴァンセンヌ訪問-1 | Main | ボワ・ド・ヴァンセンヌ訪問-2 »