« 啄木記念館 | Main | Where the Streets Have no Name »

2004.05.19

Travel is Trouble

そう、旅にトラブルはつきもの。それも旅の醍醐味のひとつ。
ところがどっこい、今回のは相当困ったぞ。

バイパス沿いの巨大ショッピングセンターへ買いだしに行った。
旅支度で忘れたものが少々あり、宿泊に必要な小物を買いに。
地下駐車場にR32を停めて、買い物をした後、数キロ走って左フロントの異変に気付く。

停めてみてみると、な! タイヤを刃物で切られているではないか!
side_cut.jpg
実はR32にはスペアタイアがない。テンパーもだ。あまりに大きな18インチが純正のため、リアハッチに格納できないのが理由。代わりに搭載している補修キットはトレッド面の傷(釘を踏んだとか)には対応しているが、サイドカットはさすがに治しようが無い・・・。このクルマの一番痛いところを突かれた格好。

ざっくり抜けているわけではないので、その場で気付かなかったのも痛かった。エアゲージを持っているので空気圧を見たら既に0.3k減っていました。外から見ただけではただ傷があるようにしか見えず、外してみてコードまで切れている(上の写真)ことが判明。
#そのまま高速乗ってたら、間違いなく死んでましたね。

とりあえずフォルクスワーゲン盛岡(DUO盛岡)に行って見る、が連休でおやすみ・・・。VGJのエマージェンシアシスタンスに電話をしていろいろ手配を掛けてもらいつつ、警察に被害届けを出したりして4時間ほどロスをする。あまりに悪質なので警察もキビキビ動いてくれた「うーん、類似犯出るかもな」。どうやらあの巨大ショッピングセンターができて以来、治安が悪化している模様。物欲と妬みと有象無象を呼び寄せてしまうのは、ああいう施設の宿命か。

決して盛岡市民が悪いわけではないと思う、むしろ知る限り非常に治安のいい街だ。しかし、そういう輩はどこにでも居る。ああいう物欲の殿堂のような存在が地域のよき文化やモラルを破壊していくのは全国あらゆるところで起こっているに違いない。楽しい便利なショッピングは否定しないし、その恩恵を受けていることは私も同じ。だけどね、全国どこへ行ってもマク○ナルドとスター○ックスとその他大手チェーンが幅を利かせているのは、つまらないことだと思わない?

さて、タイヤは結局すぐ近くのオートバックスに同サイズのDunlop-LM702のみが在庫されていたので臨時で付ける事にした。残念ながら225/40ZR18のMichelin PilotSPORTSなどというタイヤはどこでもあるわけではないらしい(実は都内ではどこでも手に入るんだな、コレ)。これでとりあえず旅行は続行できる。VGJのアシスタンスさんと迅速な対応をしていただいた盛岡西署の刑事さん、素早い作業で交換してくれたオートバックス盛岡北店のスタッフさん、ありがとう。

|

« 啄木記念館 | Main | Where the Streets Have no Name »

Comments

ひでーな、コレ。
タイヤの出費は痛かったっすね。

Posted by: 銀タテト | 2004.05.22 10:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Travel is Trouble:

« 啄木記念館 | Main | Where the Streets Have no Name »