« 再び、燃料の話 | Main | (削除) »

2004.06.06

ゆかいなFinland人

名刺を整理していて、フィンランドから来たエンジニアのが出てきた。
ちょっとおもしろいエピソードを残していった彼ら、少し紹介します。

ヘルシンキから飛行機に乗ってはるばる極東の地にやってきた彼ら3人組、こっちもフィンランドなど行ったことは無く、最初はイメージが持てなかった。

が、会って3人並べてみてみると、なんだろうこの人たち、おもしろい!

一人目:
小柄で青い目で茶色い髪、鋭い発言で頭の良さがすぐ判った。
二人目:
北欧の人っぽく大柄で、ちょっとオリバーカーンに似てる。無口。
三人目:
一見おじいさん、小柄でやる気なさげ(しかしこの人が・・・?!)

一人目と三人目のセットを見て気付いた。知ってるぞーこんなヤツ。
スナフキンとヘムレンさんだ!! 三人目はほんと似てる。

そう、フィンランドはムーミンの国。
はるばる日本までやって来ちゃった彼ら、
実はムーミン谷から来たに違いないw
・・・それはネタとしても、ああ、フィンランド人ってあの感じなのか!

数日間一緒に仕事をして、ますますその印象を深めることとなる。
#二人目はどうかって? 強いて言えば「モラン」かなぁ、無口だし。

Episode1:
クルマで移動して途中でガソリン補給。
ここで三人目(もうめんどくさい、ヘムレンさん(仮)にしちゃう)が「日本はオクタン価いくつだい?」と聴く。「92と100だよ。鉛は入ってないよ」と答えておく。走っている間もMazda-Atenzaを見つけて「おー、Mazda6だ」と言っている。うむむ、こいつクルマ好きだなぁ。

Episode2:
ヘムレンさん(仮)、仕事中は相変わらずやる気なさげなんだけど、仕事が終わるとものすげえ面白い人に変身。一緒に食事+飲みに行くと、もー、ビール浴びるように飲んで「日本で変わったビールは無いのか?」とか言ってるから、ヱビスを飲ます。「Yebisuは日本で一番歴史のあるビールだ、美味いぞ~」とか言っておく。正直、日本のビールは比較的美味しいらしい。十分においしいハイネケンもそればっかりだと飽きてるんだろうけど。

Episode3:
スナフキン(仮)、若いのに相当切れ者なんだが、やっぱり若い人なの。「HANOI ROCKSって知ってるか」なんて聴くから「もちろん!」と言ったらすげぇ喜んでた。ちなみに「日本で有名なフィンランド人は?」の質問には「ツルネン・マルテイ」と答えておいた。当然彼らもツルネンさんの話は良く知っていた。まじめだなこいつら。

Episode4:
食事の後、SEGAのゲームセンターを発見、みんな騒ぎ出す「行こう行こう!!」、す、好きだなぁ、あんたらも。
峠系のクルマゲームを見てヘムレン(仮)さん、「勝負しよう」とか言い出す。彼が選んだ車は「ランエボ・トミーマキネンスペシャル」・・・そっか、フィンランド人だもんなー。こっちはインプレッサにしとく。で、スタートすると、ウ、上手い!!、あれだけビール飲んでヘベレケなのに超うまい。参りました・・・・。
ヘムレン(仮)さん、こっち見てニヤリ「俺、ギャランのVR-4に乗ってるんだ」、!!!!、あんたスゲーよ、本物のFlying Finだったんだぁ。

Episode4.5:
そのころスナフキン(仮)とオリバーカーン(仮)は、UFOキャッチャーでムーミンのぬいぐるみを必死に取ろうとしてましたw。子供へのお土産にするつもりなんだって。

あの時の仕事は結果的にうまくいき、お互いにメリットのある訪日友好になりました。

さてさて、ものすげぇ面白かったフィンランド人、今頃ムーミン谷(違)で何してるんだろう?

|

« 再び、燃料の話 | Main | (削除) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゆかいなFinland人:

« 再び、燃料の話 | Main | (削除) »