« 未来のお客様-2 | Main | 砧公園へ行ってた »

2004.06.19

ジメジメ梅雨の時期

6月も中を過ぎ、本州はすっかり梅雨ですねー。
沖縄には台風も来てるとか。
今年は若干空梅雨気味ですが、湿度と気温はどんどん上昇。
ジメジメした毎日、ちょっとした対策が効果的であります。

そこで、My small Tipsを。

1:洗濯
雨ばっかり降っていると洗濯物を室内で干さなきゃならない。乾燥機は持ってないのだ、電気式はアンペア食いすぎだし、ウチのマンション、オール電化系なのでガス式も使えないし。で、気をつけないとせっかく洗ったのに「臭う」、要するにカビ臭い。
そこで、洗剤を抗菌剤入りにしてみるのは常套手段。プラス、酸素系液体漂白剤を使う、これは主成分は過酸化水素(いわゆるオキシドール)、活性酸素で雑菌を叩く。とまあここまではよくある主婦の知恵っぽい。
ここから先はオリジナル。酸素系漂白剤だけでは叩けない菌もある。嫌気性菌はOKとしても好気性菌(酸素が必要or耐えられる菌)は空気中にうじゃうじゃしている。そこでひと知恵。全自動洗濯機には「柔軟仕上げ剤入れ口」ってのが付いてる。けど、私は柔軟仕上げ剤(ジアルキルアンモニウム塩)はカブレるから使わない。で、何を入れるかというと、塩化ベンザルコニウム水溶液、通称「逆性石鹸」って殺菌消毒液です。普通の薬局で安く売ってます。2000倍水溶液を作るには洗濯機にキャップ3杯(15ml)。2回すすぎの1回目で自動投入。ま、医療用の消毒薬そのものなので効く。とても効く。まったく臭わなくなる、しかも薬品自体の匂いがまったく無い。濃くても傷口に塗れる程度の薬品なのでカブレることもない。元々薄めて手を洗うためのものだし。 はっきりいってオススメです。
#あくまで薬品なので使い方には気をつけてね。

2:汗臭い
汗かきなのでこんな湿度が高い時期は特にモワっとする。毎朝シャワーを浴びてても臭う時はある。ので、まあよくあるあれだ、汗止め防臭剤は欠かさない。最近のHitは資生堂のAg+。銀イオンの殺菌効果で効く効く。無香料なのも良し。
効能書きに銀イオンって書いてある。
Ag.jpg
アンチオイリーをアンチオイニーwと読んでしまった^^;;
ま、間違いじゃないけどね。

ところで、防臭剤を使わないヤツは信じられん、死刑wに処すよ、まったく。

3:オーデコロン
一通り臭わなくなったところで、それでも人間は臭いがする。ま、生物の表面はタンパク質+脂質+その他有機物だからね。汗かけばやっぱり臭いはする。通勤ラッシュでオヤジ臭いのは耐えられん。で、少しばかり「良い匂い」を付加する。でも逆に臭っせー香水や女性モノの流用はイヤ。自称「オシャレさん」プ)や色気づいたガキが流行のパフューム・パルファンをどう考えても付け過ぎでタムロしていると、お前らホント殺すよ。そこまで臭いと公害だぜ。
私が中学くらいからずっと愛用なのは4711の"Portugal"というもの。薄い香りで、ドイツ・ケルン製です。柑橘系と植物系の香りしかしないので私は好きです。特に高校はラグビー部だったので、それこそ汗臭くってシーブリーズとコレはロッカーに常備だった。ちなみにここ10年くらいはスーツの時はコレの元祖"4711"を使ってます。こっちはウッド系の残り香がして気持ちいい。ちょっとオトナな匂い。
緑のラベルが目印です。
4711.jpg
左がPortugal、右が元祖4711。
俺、やっぱドイツ物好きかも・・・・。

でも一般に「オトナ」w向けとされてる動物っぽい匂い(ムスク系とか)は苦手、自分が気持ち悪くなってしまう。

人間の五感のうち嗅覚は、視覚・聴覚などに比べすこし軽んじられてると思う。日本人は元々臭わない方だというのは体質的にそうなんだが(欧米人は臭います、正直。でも対策はしてる)、ただ衛生的ならいいのかってのも、ちょっと違うぞ。

|

« 未来のお客様-2 | Main | 砧公園へ行ってた »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジメジメ梅雨の時期:

« 未来のお客様-2 | Main | 砧公園へ行ってた »