« 横浜新道にて | Main | ディーゼル »

2004.07.04

Tuning

そうそう、「luciferさん、せっかく買ったんだからイジらんの?、クルマ詳しいみたいだし、好きなんだし・・・」とかよく言われる。昔の私を知ってる人や仕事がらみでも、そんなことを言われる。

うん、昔はそうしてた。特にGolf2の時代はそうだったし、そうしなきゃあんなに乗れなかったのも事実。

ところが・・・・

R32なんて、最初からTuning Ver.(むしろWorks仕様)みたいなもんじゃん、というのもあるし、クルマばっかりにお金かけられないし、元々車両本体で十分に高価だし。いくらクルマ好きでも、維持費だけでもサラリーマンでは妥協点に入りつつあるし。

それ以上に、ちょっとした理由があるんです。

クルマ造りの現場に携る友人がいっぱい増えたこと、自分もクルマを動かすパーツの開発に携ってしまい、ものづくりの厳しさを知っちゃったこと。

「え?、むしろ有利なんじゃん、それ?」

うん、そういう考えもある。ただ、私は「怖く」なったんだ。
プロになればなるだけ、怖くなる。
#「保証が効かなくなる」とか「純正じゃなきゃ」という点ではないので、念のため。

プロスポーツ選手が、実はものすごい怖がりだ・・という話は聞いたことがあるかもしれない。試合の前とかはもうガクガクブルブルで、近寄りがたい雰囲気になっちゃってる、ってのは良くあることなんです。

実は、既に仕事でそういうことをたくさん経験してしまって、同じく「機械」であるクルマに対しても、同様のスタンスをとるに至ってしまった・・ということなんです。その装置固有の特性を知って、FineTuningを施してSpecを叩き出す、というのは、実は毎日のお仕事でオナカいっぱいなの。

私の仕事姿を知ってる人は、よく言う。「○○さんって、たまにすごく怖いよね」と。いや、怖いのは私の方なんです。実はそういう時は、私が「怖がっている」。もう頭ン中「ガクガクブルブル」なの。Chicken野郎と言われてもいいくらい怖い。そういう状態に仕事以外でなりたくないのです。特にクルマが好きだからこそ。

元々、HighSpecな装置ってのは大好きなんですよ(んじゃなきゃR32なんか買わね)、基本が良く出来ている、特に構造的に考え抜かれたモノを見ると、こっちも嬉しくなってしまうくらい。ただしそこからさらに上を目指すのは「装置関数」的な部分での勝負になっちゃうんで、ものすごく気を使う。とりあえず「満足」のいく結果を導いて市販するまでに「造る側」の人間がどれだけ「ガクガクブルブル」してたかを考え出すと、こっち(使う側)も、「造る側」を知る人間として心しておかなきゃいけない・・と思ってしまう。

実際、「GTI+100万円」ではなくR32を選んだのは、そういう意図もあったりする。
だから「R32+x万円」ってのは、自分には想定外になってしまう。

むしろ、私的には「使いこなし」に重点をおきたいんです。あくまでも「私的」には。

だから、ごめんなさい。私は当分イジりません。いや、「イジれない」と言った方が正確かも。
ただし、機能的に不満足な部分があれば積極的に「修正・追加」します、明らかに故障や欠陥と判断できれば「治し」ましょう、しかるべきプロの下で。その情報は共有しましょう! あくまでもUserSideで「私的」にね!

今、考えているのは、
「フォグランプが無い」これは機能が足りない>追加する方向で検討中、
「リアハッチLEDの件」元配線をいじらずに追加できないか考え中、
って感じですかね?

|

« 横浜新道にて | Main | ディーゼル »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Tuning:

« 横浜新道にて | Main | ディーゼル »