« おっと、地震か? | Main | 嵐のCEATEC »

2004.10.08

いなかのあじ:2

例によって、「グルメ」な話なんて書かないから。

普段食べてるものたちが愛しいのだ。
僕らの体はほとんどそれでできているのだから。
しばらく遠ざかっていても、食べたら体が思い出すのだ。

「あー腹減った」の時に、普通に食べるものが、実は美味しい。
ちょっとそんな北海道ご当地モノをご紹介。

1:「みよしの」の餃子
  なんか子供の頃から食べてたから、餃子ってこういう味なんだと思ってたふしもある。小ぶりで肉っぽい具がおなじみ。
  お持ち帰りで夕飯のおかずになってたりとかしたので、「準・ウチの味」である。なぜかカレーもあるんですが、ウチのオヤジ、ここの「ぎょうざカレー」(!!)好きなんだよなぁ・・・。
  俺はこの謎の組み合わせは苦手だが、餃子はやっぱりココのが好き。
  ジャンボ定食で18個よろしく。お新香はおかわりfreeよ。

2:「リトルスプーン」のカレー
  札幌でカレーっていうと「スープカレー」が流行ってるんですが、
  ここのはトロミ有り系。かわいい看板で増殖中。
  ・・・とHPを見てみたら、東京進出してきてるのねぇ!
  食べに行こうっと。

3:「インデアン」のカレー
  ・・またカレーかよ、ってのは置いといて、帯広に昔からあるカレーのチェーン店。
  安い・旨い・かつ、独特の味。なんも、食べればわかるって。
  ここもお持ち帰りできるんで、完全に「ウチの味」であったりする。
  このあいだのRallyJapanの際にも久しぶりに食べたんですが、
  味は変わってなくてうれしかったな(^^)

なぜかカレー系3連発になってしまいましたが、今回はこの辺で。
このシリーズ、まだまだ続くよ!(ヲイヲイ^^;;)

|

« おっと、地震か? | Main | 嵐のCEATEC »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いなかのあじ:2:

« おっと、地震か? | Main | 嵐のCEATEC »