« L'humanité peut être crue? | Main | 日曜夜のお約束 »

2004.10.31

Ciaccona

例によって左のところにも書いてますが、

TVのNewsで気持ち悪い政治家や官僚の発言を見て
怒り心頭で、前のエントリー書いたりしてたんですが、
そのままCh.を変えたら、教育TVでBachのCiacconaをやってた。

番組自体はBartokの無伴奏ヴァイオリンソナタがメインだったみたいだけど。

無伴奏ヴァイオリンの調べで、
すぅーっと胸の痞えが落ちていくような。

ええ、決して怒りや悲しみが消えたわけではないんです。
でも、BachのCiacconaを聴きたいような感じがしていたのが
ちょうどはまったんだな。

この曲、聴いたことあります?

フランス映画"Le Joueur de Violon"(邦題:無伴奏「シャコンヌ」)
で、天才ヴァイオリニストGidon Kremerの演奏が聴けます。
無論、映画も感動するよ。
フランス好きでmétro音楽家が好きな人にもおすすめ。
僕はそうです。

疲れてる人、怒ってる人にお勧めします。
少しでもあなたの気持ちが澄んでいきますように。

|

« L'humanité peut être crue? | Main | 日曜夜のお約束 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Ciaccona:

« L'humanité peut être crue? | Main | 日曜夜のお約束 »