« 聴きすぎ。 | Main | それでも地球は廻る »

2004.11.28

石橋を叩いて・・

「石橋を叩いて渡る」
用心深いことの喩でありますが、「チキン野郎」との意味合いも。

ええ、私は石橋を叩いちゃう方の人間です。
ただ、叩き続けて結局渡らない訳ではない。
渡っても大丈夫かどうか、確認したいだけだから、
「OK!」となったら落ちないうちに(^^;;素早く渡ります。

用心深い(気が弱い)のが災いして、
けっこうガツガツ叩いていたりしますが、
結果「おまえはこの橋叩いて壊す気か!」とか
怒られたりもします。

・・・俺が叩いて壊れちゃうような石橋なんて、
壊れちゃえばいいんだってーの。
それを鑑みて、橋を掛け直せばいいんだから。

エンジニアのお仕事は、こういう「ダメ出し」が大事です。
叩いて壊れちゃうような石橋は「ダメ」なの。
見切り発車で「大丈夫だ」と嘯くヤカラには釘を刺せ。
じゃないと「大本営発表」がまかり通ることになる。

完成したと空騒ぎしたあげく、
「ダメ」を知らんで渡ろうとした人が落っこちて
大惨事になってからじゃ遅いのよ。

そうなってからも、どうせこっちに泣きついてくるんだし。

渡れないほどモロい橋を放っておけるようなのは
エンジニアとして失格だと思ってるから。
それは「橋」を造った事にはならない、単なるハリボテだ。

そして、決して「完璧主義」ではないことも、理解してくれ。
人の造りしもの、完璧などありえない。
それを理解するエンジニアだからこそ叩きまくるのだ。

一般には、それを「リスクマネジメント」と言う。

|

« 聴きすぎ。 | Main | それでも地球は廻る »

Comments

ちと追記。

いろいろ書いたけど、
ものづくりってこの一言で括れるとも思うのよ。

「その橋を、自分も毎日渡ることになる」

自分が安心して渡ることができないものを
造ったり売ったりしちゃ、ダメだよね。

Posted by: lucifer | 2004.11.28 12:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 石橋を叩いて・・:

« 聴きすぎ。 | Main | それでも地球は廻る »