« 石橋を叩いて・・ | Main | 祝(?) 一周年 »

2004.11.28

それでも地球は廻る

日の出、日の入り見たことない
うーむ・・・こんなニュースにびっくり唖然。

今のコドモってそんなに外遊びしないんかね?

いやはや、私が子供の頃って、
逆に親が心配するほど日暮れ過ぎまで遊んでたよなぁ。
今みたいにケータイがあるわけでなし、帰ってくれば
「あんた! どこでそんなに泥だらけで遅くまでほっつき歩いてんの!!」
と、オフクロに怒られておりました。
まあ、ピアノの練習とかサボって遊んでた私も悪いんですが(^^;;

カエル捕まえに行って用水路にハマるとか、
ザリガニ釣りに行ってお堀に落ちるとか。

なにも「都市部は自然が少ないから」なんて、
絶対に言い訳にならないからね。

私はたびたび書くように都心にも住んでいたので
東京の真ん中だって、コドモの遊ぶところくらいあるのを
身をもって知っている。

九段下の北の丸公園や赤坂見附の弁慶掘、
本郷の三四郎池だってそうだ、みんなでザリガニ釣りに行った。
#えさは「よっちゃんイカ」がいいのよ(^^) よく釣れる。

弁慶掘なんか同級生から「ブラックバスが居る!!」と聞きつけて、
釣竿かついで自転車で国会議事堂前を横切り行ったもんだ。
結局、念願のバスは釣れず、ブルーギルばっかり持って帰るのだが。

もちろん、どこも見つかると追い出される場所なのだが、
そこはコドモはコドモの視点、フェンスの抜け穴は心得てる。

その他、ちょっと記事の項目から考えてみた。
「木の実や野草をとって食べたことがない」
・・・・野蒜って辛いんよ。桑の実はおいしいけど虫がいるぞ。
「生まれたばかりの赤ちゃんを見たことがない」
・・・・妹が生まれた日は今でも覚えてる。従兄弟も見たな。
「自分の服を洗濯したり干したことがない」
・・・・うーん・・今も洗濯中(^^;; コドモの頃はお手伝いしたな。
「包丁やナイフで果物の皮をむいたことがない」
・・・・リンゴの皮むき競争ぐらいしろよ!

あーあ、なんかがっくし。

あと、日の出・日の入りって自然と意識するようになったなぁ。
実家の屋上から天体観測しているうちに夜が明けてきたり、とか
夜と朝が繋がっていることを実感した覚えがある。

まるで谷川俊太郎さんの詩「朝のリレー」のように
この街にも朝がやってくるのを、
夜明けと供に風向きが変わるのを、感じていた。
都心でだって、感じることはできる。
#上のリンク、某コーヒー屋さんのだけど、好きです。

さてはて、
「親が自然の中に子供を引っ張り出さなければ、
太陽の動きを追う経験もできない」
そういうオチでいいのか?

寝てたり起きてたり、働いてたりする人も居るけど、
僕がこうやっているあいだ、「それでも地球は廻ってる」って
どこに居ても感じられると思うんだよな。もう、違うの?

|

« 石橋を叩いて・・ | Main | 祝(?) 一周年 »

Comments

自分は江戸川堤防沿いに住んでいたので
日の出も日の入りも堤防から眺めていたもんです。
今時分…そう、冬の夕暮れ時が大好きでしたねぇ。
西の空が赤く染まって、東の空にかけてグラデーションがかかって…。
きづくと星が瞬きだしている風景に変わっているんですよね。
で、家に帰るとまだ晩飯できてなくて(笑)
日テレやテレ東でやっていたアニメを見ていたものです。

小学校の理科の時間「月は西から昇る」って最後まで意地はっていたのは私です。
「ものすごい現象の上でわれわれは生きている」って、自分には信じられなかったんです。
#いまでも不思議だもん(笑。

だから、偏屈な大人になってしまったんでしょうけどね(笑)。

Posted by: Otias | 2004.11.29 05:35 PM

小学生の時は明治神宮へザリガニ釣りに行ったなぁ
って何年前だい

Posted by: falcon | 2004.11.29 11:48 PM

物騒な世の中なのよ。
コドモがコドモらしく振舞えない世の中になっちゃった。
一番安全だと思われていた学校でさえ、事件の現場になる昨今。登下校の際に起きる、悲劇。
塾の合間に見る、切り取られた小さな空。

木の実や野草のある所には、子供達だけでは行かせられない。
誰がいるかわからない。命には代えられない。
或いは、ナイフを持たせるとリンゴを剥かずに同級生を刺す。
知らない人にも挨拶しましょう、と言っていいのか悪いのか。
自分の服を洗濯したり干した経験のない子の家では、たぶん母親も乾燥機まかせ、かな?

子供はいつの時代にも、たくましく適応して、どんな環境でも楽しみを見つける天才だよ。
子供が発見したり、工夫したりする場所が、昔のような場所ではなくなってきているのは確かかもしれない。
でも、やっぱり子供は子供。こじんまりした動きしか出来ないように縛っているのは、大人かな?

ウチの近所の子供は、秘密基地を作っているわよ。『ひみつきち。だれもはいるな!』って書いてある。
秘密じゃないじゃんねぇ(^.^) サルビアの蜜も吸ってる。学校の帰りに神社探検に行って、タケノコを掘って帰ってくる。

子供にとって、学校帰りの通学路は宝物の宝庫。好奇心のおもむくままに発想を膨らませているの。
なのに、卑劣な行為をする変質者がいるじゃない。次はどこで誰が…見えない恐怖。

安心して遊べる場所なんて、どこにもない。
泥だらけになって遊ぶ時間もない。
そんな世の中に生きる、子供たち。
それでも子供は子供。ワクワクしたり吸収したりする能力は持っているのだから、
その芽を摘まずに伸ばしたいものだわね。

Posted by: higu2 | 2004.12.01 12:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference それでも地球は廻る:

« 石橋を叩いて・・ | Main | 祝(?) 一周年 »