« pf:1 | Main | pf:3 »

2004.12.30

pf:2

では、最近聴いて気になっているのを、
少しばかり列挙してみようかな。

まず最初は、高橋悠治さん演奏の
「ゴルドベルグ変奏曲BWV988」J.S.Bach

もともと、Bach好きなのは昔からなんですが、
「ゴルドベルグ」はあまり好きなレパートリーではなかったりする。
でも、演奏者が気になって、聴いてみている。

好きなピアニストの中に、この高橋悠治さんもいる。
イナカで中学生のとき、市民公会堂まで
コンサートを聴きに行きましたっけ。

ただ、この方、Bachを盲目的には賛美しない、絶対に。
こんな文章も書き残している。
バッハから遠く離れて
むしろ、閉塞的で商業主義的な「西洋音楽」に対しては、批判的、でもある。
今回のCDのライナーノーツにもかなり辛辣に書いてある。

それでも、彼はBachと向き合っている。
しかも、私にとってはあまり印象のよろしくないavexレーベルから出してきた。
#なぜに?

印象。
こんなフリーなBach、めったに聴けないね。
「ゴルドベルグ」ってまるで練習曲みたいで好きではなかったのだが
甘やかしも説教もしない、自由な「ゴルドベルグ」。

いや、これ以上の批評は避けよう。
聴いてみるのが一番だから。
#高橋悠治さんも「話題にされる」のはお断りのようだから。

聴き方も自由だ。ただ、言っておこうかな、
「ムードミュージック」として聞き流せるほど甘くはないからね。
Bachに安い「癒し」なんて求めたら、カウンターパンチで吹っ飛ぶぜ。

|

« pf:1 | Main | pf:3 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference pf:2:

« pf:1 | Main | pf:3 »