« Slot | Main | いなかのあじ:3 »

2004.12.15

単語と単語のあいだに

ちょっと気になった単語(熟語)を書いてみたいと思う。

まあ、「こいつナニ考えてるんだか、暇なヤツ」
と思ってくれても結構。

「挫折」
 いや、挫折って大事だと思うのよ、経験として。
 挫折知らずの連戦連勝なんて、ありえない。
 それは負けるのが怖くて目を背けたか、単なる大ボケだ。

 そして、その結果「屈折」してしまっても、大いに結構。

 工学(光学)の上での「屈折率」ってね、
 同じような物質であれば、だいたい比重(密度)に比例する。
 たとえば、重たいガラスやプラスティックほど屈折率が高い、とか。

 人生の「屈折率」もそんな気がする。
 その人の人生の中に詰まっているいろいろな「重み」、
 その人生がみっちり「比重」が高ければ、屈折率も高い。
 だから、屈折してたっていいじゃない、
 あなたは密度の高い人生を送っているのだ。

「妥協」
 「妥協を許さぬ・・・」なんてコトバ、よく聞くよね。
 ただ、私は「妥協」は決して悪い言葉だと思っていない。
 妥協が求められるのはビジネス・私生活にかかわらず
 よくある話だ。負けたわけではない。
 それはお互いの意見を持ち寄って、揉んで論議して、
 双方の納得のいくように合わせて、共闘する作業。

 勘違いしやすいのは、妥協だと思って「迎合」すること。
 これは、相手の言いなりだ。
 自分の意見を押し殺すか、思考停止してすり寄る行為だ。
 こりゃー、やっちゃいけない。
 特に、押し殺してしまった感情は、後で大爆発する羽目になる。
 
仕事でも、私生活でも、ともすると迷い込む思考の迷宮。
考えても考えても、答えの出ないこともある。
挫折し屈折し、イヤになってしまうことも多い。

ただ、黙っていても「考えるのを止めない」、
それは歩き続ける原動力のはずだから。

|

« Slot | Main | いなかのあじ:3 »

Comments

理系であるが故の繊細さなのかな。
とてもわかりやすくて、とても優しい文章。
泣かせんなよ。
屈折率が高いほど輝くの?(都合いい解釈?)

「妥協」と「迎合」の間に「折り合い」というのもあるよね?

今度。
『同志』についての意見も聞きたい。

Posted by: mayu。 | 2004.12.15 11:34 PM

泣きすぎて
吐きそーなんですけど。

この件について、どう落とし前を?

Posted by: mayu | 2004.12.16 01:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 単語と単語のあいだに:

« Slot | Main | いなかのあじ:3 »