« Recipe for Profit | Main | ドアを閉めない人間 »

2005.02.13

以心電信

・・・と言って、どっちを思い出すか、
それは、あなたが今、何歳か、
それにかなりの部分、依存するんだが。

私の場合、「YMOのあっち」をすぐに連想する。

思い出すに、あの1983年、
「世界コミュニケーション年」のテーマソングだったこと。
ケータイもnetもない、今のNTTはまだ「電電公社」で、
衛星放送も無かったっけね。

あれから20年以上経ってみて。

「来るべき未来」だった"以心電信"は、
現実の日常の生活になっていた。
#こうやってblogなんてものに手を染めている。

歌に聴く「それ」を夢見た少年は、後にそれを体感しているのだ。
それを実現するために、自ら機器を構築する側に身を投じるのだが。
そして、毎日それを使う側、でもある。

去年、ケータイ電話会社のCMで全く同じタイトルの曲、
ORANGE RANGEの"以心電信"が使われた。
日常になったこのツール・思念を使うヨロコビを歌っていた。

実現した上に乗って流れるメッセージ、
それは、1983年も2004年も、
今年、2005年も、何も変わっていない。
端末の向うとこっちにいるのは、人間と人間。

自ら少し、スムーズに使うためのお手伝いをした・・と思ってるが。そして自分で使っている、それは、個人的にも、かなりのヨロコビではあるんだなぁ。

あの少年に教えてあげよう。

 See how the world goes round
 You've got to help yourself
 See how the world goes round
 Then you'll help someone else
  (以心電信/YMO)

君の夢見た世界は、確かにやってきた。

|

« Recipe for Profit | Main | ドアを閉めない人間 »

Comments

「あの少年」が発信し続けたモノを
いまここにいる「僕」が受信するんだ?

やるじゃん。
いい話だねぇ。

Posted by: mayu | 2005.02.14 02:01 AM

受信しました。
「応答せよ、僕!」

ええ、聴こえてますとも、
「感度良好です!」

Posted by: lucifer | 2005.02.14 07:49 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 以心電信:

« Recipe for Profit | Main | ドアを閉めない人間 »