« ドアを閉めない人間 | Main | ご無沙汰 »

2005.02.19

シンセの生音

タイトル自体が矛盾しているのは承知で(^^;;。

電気楽器・電子楽器を触ったことがある人は
知っていることかも。

シンセ(シンセサイザー)という楽器自体、
何らかの音を合成・模倣する(Synthesize)ものだから。

ところが、楽器である以上、何らかの「個性」を持つことになる。
フィルターの効き、レゾナンスの発振によるギラツキ、
ノイズジェネレータのさざめくザワツキ、D/Aの持ち味、
発音機構の得意不得意(FMもPCMも加算器も)等等・・・。

サンプリングマシーンの完成度が今ほど高くなかった頃、
限りなく生音に近いが、独特の空気感があったもんだ。
イミューっぽいとか、フェアライトの感じとか、AKAI臭いとか、
RINNの音圧とか、シンクラビアすげぇ(笑)とか。

そして、当時の音源を聴きなおしてみると、
いろいろなことに気づく。

録音機材の進歩や楽器の世代による個性ももちろん、
サンプリングされた時の「空気感」が保たれたまま、定位している。
むしろ、完成度が高まったその後、あえてLo-Fiを目指した前、
空気感とともに「時代感」もきちんと記録されている。

あれは、楽器としての「シンセの生音」を実感していたに違いない。
その証拠は、目の前の少々の楽器と、CDたちが教えてくれる。

|

« ドアを閉めない人間 | Main | ご無沙汰 »

Comments

ヤマハのVL音源は結構いい音出しまっせ。
私の判断基準はSAXの音です。普通のシンセはなんだコリャという音ですもん.....

Posted by: falcon | 2005.02.20 09:49 AM

どもー、falconさん。
物理シミュレート系の音源は、まあ生々しい音がするものですね。さすがは生楽器も作ってるmakerだけはあって、基礎データを豊富に持っているのでしょうか。
このmaker、音場制御もずいぶん昔から手がけていますが、実際に収録した反響音データからアルゴリズムを割り出すとかいう手法を好むみたいです。楽器屋>音響屋としてのプライドなのかな。

Posted by: lucifer | 2005.04.02 04:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シンセの生音:

« ドアを閉めない人間 | Main | ご無沙汰 »