« いなかのあじ:番外編 | Main | quattro、再び。 »

2005.03.10

1945/03/10

今から60年前、
東京大空襲があった。

その日、私の何人かの親族は命を落とし、
父と祖母は火の海をくぐりぬけた。

祖母は亡くなるまで花火が怖かったそうだ。
下町育ちで、大川(隅田川)の花火がきれいなのに。

「今にも「ガランガラン」と焼夷弾が落ちてくるような気がして・・・」

縁側で、そんな昔話を聞いて育った。
とても悲しい思い出だ。

だから、どうあっても、私は言い続けなければいけない。
市井の人々の頭上に、兵器など撒いちゃいけないんだ。

それが、どの時代、どの国であっても。

|

« いなかのあじ:番外編 | Main | quattro、再び。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1945/03/10:

« いなかのあじ:番外編 | Main | quattro、再び。 »