« 1945/03/10 | Main | 大地讃頌の頃 »

2005.03.16

quattro、再び。

登っちゃったんだそうだ。

有名な1986年のCM以来、19年ぶりに。

えー、
「○○は高いところに・・」とか
「××もおだてりゃ・・・」などと、古典的なこと言わないように(^^)。

日本語詳細はこちら。
アウディ、スキージャンプ台をふたたび
英文はこっちね。
"Audi Breaks Ski Jump Record Again For New TV Advertisement.
Famous Audi ski-jump commercial recreated with new A6 quattro replacing 1986 100 CS quattro."

メイキングムービー、見っけ。
http://homepage.swissonline.ch/cyprus/audi-quattro.wmv

さてさて、quattroご執心なわけだが、
そもそも80年代育ちクルマバカにとっては、まあよくある話。
Group-B時代のRallyで強かったとか、そういう伝説も含めて。

とにかく、1986年のquattroのCMの印象はすごかった。

雪国生活には、四駆の威力を感じ始めていたので、うちのオヤジなんか、カーグラフィックとか買ってきて真剣に悩んでた(^^;;。その少し前まで、国内製サンタナ5気筒(黒のアウトバーン)買おうか迷ってたみたいだが、なんか毎日のようにクルマ雑誌を見たりディーラーに行ったりしたのを思い出した。

近所に、赤いCoupe-quattroが棲息していて、良く眺めにいったっけ。そりゃー、思春期のクルマバカコドモには、垂涎の的ですよ!

その後、日本にも導入された200quattroTurboをどっかのシャチョーが乗ってて、「ほー、さすがシャチョーさんって、すごいのに乗ってるなぁ」って思ったよ。
(ちなみにそこん家のご家族は、現在は赤いS3に乗ってます。ほへー)

さすがに当時のaudiはあまりに高価で、我が家では買えなかったので、後にU12-ATTESAがマイカーになるわけだが(笑)。

しかしまあ、他のEpisodeも思い出した。
上のメイキングムービーを見ていただくとわかるんだが、
スパイクタイヤの威力は絶大だった。
ちょうどスパイク禁止>スタッドレス黎明期に遭遇したので、
禁止になった年の、その心もとなさは覚えがある。
ピン無しで狩勝峠を越えるのがどんなに怖かったことか・・・。

Swedish Rallyだけが未だにスパイク使ってるのも、わかるよ。

「車粉公害」という言葉も懐かしいね。
あの粉っぽいホコリ臭い春先が無くなったのは、かなりいいこと。
そして毎年積み重ねた補修舗装が消えたのも、ずいぶん前だ。
#あの頃は、公園のピン抜き大会にも行ったよ。

今時のquattroにあのスパイク(6mm!!)なら、
スキージャンプ台でも登れそうだなぁ。

ちなみに我らが3.2Lの準quattroもきっと登れるんだろうなぁ、
18inchのスパイクタイヤなんて、見たくもないけどね。

|

« 1945/03/10 | Main | 大地讃頌の頃 »

Comments

メイキングムービーでは、一回うまく上れなくて幅の狭いスパイクタイヤに換えてるんですよね〜
接地圧を変えるのはこーゆーことかぁって何か納得。
車の底面にスチール版を置いたとかどっかに書いてあったけど、万が一の為にワイヤーもあったみたいですねぇ。
#それっぽい雪煙が。

四駆やスパイクタイヤが必要な所には住んでなかったので、殆ど縁が無かったですね。
免許取って早いうちにレンタカーで借りたジャスティ四駆でタイトコーナ現象起こしてがくっと止まったことはあります(^^;;

NA4駆は憧れだったので、非常に満足しているのですが雪道に遊びに行くのはちょっと辛そう。
、、、ラッセル車になりそうで(爆)

Posted by: irikura | 2005.03.16 02:38 AM

雪道でラッセル車>意外と大丈夫でしたよ。

といいつつ、3/Eに早速スタッドレス脱いでしまいましたが。やっぱ夏タイヤの安定度・切れ味は格別です。スピードレンジYは伊達じゃないね(^^)

ところで、ジャスティ4x4、懐かしいですね。タイトコーナーを起こしたってことは、初期のパートタイム式ですか、デフロック付。

後期はCVT+ビスカス(栃木富士製)のフルタイムでしたから、なーんにも気にするでもなく。

ジャスティはけっこう欧州に輸出されていたのですよ。
スイスアルプスなんか、Golf-synchroより多量に走っていたという実例もあるほど。

NA-4WDの白眉といえば、初代スプリンターカリブ(AL25Gの1.5L)。
これ、珍しく直4縦置きFFベース4WDワゴンでデフロック付。名は「スプリンター」といえども当時のターセル・コルサベースだったんで怪しいエンジン配置になってますが、いわばAudi-quattroと同じ構造。実は当時の北海道でも走破性に定評がありました。まだまだ悪路が多いころ、冬でもなんとなく走りきっちゃう安定感が見もの。
田舎に行くと、まだ走ってるのを見て、ちょっと感動。

Posted by: lucifer | 2005.04.02 04:23 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference quattro、再び。:

« 1945/03/10 | Main | 大地讃頌の頃 »