« 今こそ、Newtonを! | Main | 私はヨクバリ。 »

2005.04.02

HotHatch Return

言わずもがな、HotHatch好きの自分としては、
わくわくするプロトタイプが数車種出てくると聞いて、
黙っておれない。

ミニバン系とビックセダンの影に隠れて、
ポジショニングのあいまいなジャンルにはなってしまっているがね。

まずは、NissanのTida「スポーツコンセプト」。
ご多分に漏れず、アメリカ市場向けのスポコンを意識していますが、
RenaultのClio(ルーテシア)あたりで採用されても
イイ!感じのアグリーなデザイン。
3ドアで、どうやらチャージドの4WDのようですね。
このままWRCに復活してもよいくらいのカタマリ感。
やるなー。
そうそう、Nissanは「TidaはPulsarの後継ではない」と明言してますが、
ええ、GTI-RのDNAを感じたのは私だけじゃないはず。

そして、Toyotaもあのレビンの後継を出すとのうわさが。
<雑誌のスクープ記事>
次期カローラ・ランクスベースの2.2LTurbo4WDとか。
これ、まんま往年のCelicaとかCorolla-WRCのノリだわな。

さらに、元祖GTIであるGolfVのGTI
カップカー仕様は3ドア。
ええ、FSI-TurboにDSG、どうやらかなり"熱い"設定のようです。

またもや、honda-civicのコンセプトは、あのCR-Xを彷彿とさせるテール処理。

HotHatch、むしろ増加傾向なのよね。
もう、お若いお兄さんの足だけじゃなくって、
走りを知ってる、経験もあるオトナの選択肢として十分以上の性能と完成度。

なにもオトナになったらダンナクルマに乗ら無きゃいけないわけでもなし、
若き日に乗ってみて、クルマの楽しさを覚えてもよし、
無意味なヒエラルキの劣等感にさいなまれることも無いよ。
ブランド物のビックセダンを品なく改造するよりは、遥かに健全。

クルマを運転するって、こんなに楽しいんだ!
最後に残るその体験は、きっとあなたの糧になるはずだと思うよ。

|

« 今こそ、Newtonを! | Main | 私はヨクバリ。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HotHatch Return:

« 今こそ、Newtonを! | Main | 私はヨクバリ。 »