« LN2 | Main | Jack passed away. »

2005.06.20

梅雨だ、湿気だ、BFH

すっかーり梅雨っぽい感じで水蒸気量も増え、
雨に切れ間に日が差せば、軽く25度を越える今日この頃、
皆様のエンジンは調子いかがですか?

やっぱり暖かくなってくると、すこし調子が落ちてくる。
まあまあ、2年乗ってりゃ、
外気とコンディションの関係も見切れてくるわけで。

この最近は、外気温計が30度を越えたとき、
少々ガス臭い感じになったのと、
渋滞にはまった際に「トルク落ち」っぽい症状が出ている。

優先道路への合流でヘクって、Cペダル踏みっぱでスタンバイしてると、ボヘボヘっとカブリ気味で、なんだかカッコ悪いですが。
ダッシュを決めようとしてエンストする、レースのスタートみたいですなぁ。

だけどまだ、日が陰ると15度位まで気温も下がって、
昼間とはうって変わった絶好調ぶりを見せてくれる。
2000rpm以下でもトーんと蹴り出すレスポンスが戻ってくる。
ETC通過後にそのまま4000rpmまで引っ張って、シフトアップしてみりゃ、怒涛のトラクションと共に、R32独特の高速巡航のスムーズネスが得られる。車線の右へ右へとペースを上げながら、クルージング体勢へ。
だからEngine自体の調子はすごぶるよい。
そして、廻しきった後の快調なこと!

そろそろ、深夜ロングランの悦楽へ、お誘いかな。

去年は、三河にも、岩手にも、そして十勝にも行っていたっけね(^^;;
すべて、深夜のロングランで旅の空を楽しんでた。

onとoff、アウェイとホーム、
たまには高速移動装置の本領をBFHにも体験させなきゃ。

|

« LN2 | Main | Jack passed away. »

Comments

オイラのEgはトルク6Kgしかないから環境変化が如実に分かる。
しかも気温30度越すと燃料タンクとエンジン位置の関係
からパーコレーション起こして再始動が困難に。
エンジン廻ってるあいだは良いんだけど,一度止まると
燃料パイプ内で気化しちゃうのよね。信号待ちでエンスト
するとそりゃ悲惨
運転席下のCDチェンジャーも気温が上がるとエラー起こす。
屋根閉めてエアコンつけると直るんだけど,真夏にオープン
だとダメ。まぁ,その前に人間もツライ(笑)
オープンカーならずオーブンカーに。

Posted by: Kim | 2005.06.20 05:09 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 梅雨だ、湿気だ、BFH:

« LN2 | Main | Jack passed away. »