« Overseas Call | Main | 梅雨だ、湿気だ、BFH »

2005.06.16

LN2

ゴロゴロとデュワー瓶が台車に載って通り過ぎていく。

建屋の裏手で、白くゆっくりと湯気がたなびいている。

毎年、この頃になるとよく見る
雨の季節の、いつもの風景。

液体窒素なんて代物を扱ったことのある方は、
身に覚えもあるだろうか。

空気中の水蒸気が冷えて、
辺り一面に濃く白く霧ができる。
いわば冷たい「湯気」のようなものだ。
雨の日は特に濃く長く、しばらく留まっている。

この数日の雨で蒸して蒸してしょうがない季節、
湿気った空と、ガラガラという断熱容器特有の音と相まって、
ちょっと陰気な気分になる。

ずいぶん昔から、この風景を毎年見てきたな。

学生時分も研究所でも、
クライオやデンケンくんの当番をしながら、
手押し台車で汲みに行ったっけね。

僕にとっての、6月の風景。

|

« Overseas Call | Main | 梅雨だ、湿気だ、BFH »

Comments

なんと言う偶然でしょう〜。
細胞保存しているのが液体窒素なんですが補充が当番制です。偶然にも今日自分が継ぎ足し当番だったのでした〜。

それにしても窒素は重い(笑)

Posted by: Otias | 2005.06.17 02:30 AM

おお,懐かしい・・・。
市販のステンレスポットの真空度の高さを知ったのも
LN2の入れ物で使ってみてからだった。
液体ヘリウムでも良く遊んだなぁ。
アレはガラスをスルーするんでクライオの真空度下がるんだよね。
夜中にお客さんのサンプル,マッピングしながらヘリウム蒸気吸って
ガァガァ声で笑ったさ。

Posted by: Kim | 2005.06.17 08:03 AM

や、どうも皆さん、こんなネタに反応してくれて、
ありがとうございます。

>Otiasさん、
お久しぶりです!GTIはすっかりHotになられたようでGood!
そうですねー、LN2は冷凍保存では定番ですもんね。冷凍機廻すのもよく見ますが、安定長期保存はかえってLN2が主力でしょうか。
確かに、満タンのデュワー瓶は重い!

>Kimさん、
クライオで反応してるあたり、らしくて、さすがKimさん(^^)
あっちのはHeが多いのでしょうねー。でも、それこそ冷凍機付じゃないと引き切れなくって大変じゃなかった?

Posted by: lucifer | 2005.06.20 12:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference LN2:

« Overseas Call | Main | 梅雨だ、湿気だ、BFH »