« Project 011 live earth | Main | GTIなおまけ。 »

2005.06.05

去り行く者たちへ

茄子が棒を担いで来るまであとひとつき。
そうなってくると、そのタイミングで、「実は・・・」ってのがある。

今年も、いろいろ、ありますね。

Uくん、
修行とかトラの穴とか称されるアレに付きあわされたのは、災難だったよね。
僕も本社サイドでブチ切れして怒ってたのは知ってると思うが、
君はその若さでここまでよく耐えたって、正直思うよ。
次は、「例のところ」なんだってね。
規模もシステムも数段違うだろうが、君らしく明るくやってくれ。

Eくん、
この会社で一番の腐れ縁だと思ってたよ。
新入社員時代から、研修も、配属も、なんだか一緒だったね。
研修中は下宿の洗濯機の取り合いで大喧嘩、
田舎も一緒で、スキーにも行ったっけねー(^^;;
その後もなんだかバタバタあっちゃ行ったり来たり、
でも、君の造ったあのジャンルは、ある意味唯一無比になった。
君はとある自動車メーカーの期間工だったこともあるんだったな。
打たれ強いのか、抜け目がないのか、
僕とは似て非なる「変なヤツ」だ。
・・まあ、やりたいようにやりなよ、君がそこで仕上げるものには、
再び「唯一無比」の栄冠が与えられるだろうことを確信している。

Hさん、
あなたの主催していたパーティ、華麗なDJプレイが想い出されます。
選曲が渋くって、わかる人にしかわかんねー(私はわかってたよ!)ネタ、
突付かれても汗を拭き拭きやってましたねぇ。
狭いクラブでのガリガリ君の美味しかったこと!
仕事でも最後までお疲れ様でした。アレに関わったのは、正直大変だったっす。
私も、最後まで汗かいちゃってましたから。
川沿いのあのクラブとガリガリ君に乾杯!

Sさん、
こちらは素直に、おめでとうとしか言いようないよね。
ほんと、シアワセにね。
まあ、あの上司はこれからも暴れまくるだろうけど、
なんとかしちゃうのが、まあ、ココだから。

みんな元気で、なんとかなってね。
残った僕らも、なんとかやっていくからさ。

|

« Project 011 live earth | Main | GTIなおまけ。 »

Comments

Life will never be the same, life is changing...

お久しぶり。
茄子と棒を担いで出家して早一年。
ポロポロと辞めて行く人達の話を聞きながら、
いつまでも同じじゃいられないんだと改めて
思い知らされるよ。

Posted by: Long Gone | 2005.06.13 10:23 PM

Extremely as long time passes, you are moved...

Long Gone氏、
ほんと、久しぶりだね。
元気でやってっかい?

こっちは相変わらずの毎日さ。
煤けたタバコ場に残ったのは、俺とRくんだけだ。

Eくんは無事旅立っていきました。
最後まであんな調子だったけれど。

君も歴戦の勇士だったっけな。
異国の地でCPU工場立ち上げたこともあったんだったよな。

戦友ってのは、大事にしたいもんだ。

ああ、そうだ、
海外組の一人は、家族と台湾へ長い旅に行ったよ。
そしてまたひとり、あの男も異国へ赴くらしいよ・・・。

Posted by: lucifer | 2005.06.14 09:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 去り行く者たちへ:

« Project 011 live earth | Main | GTIなおまけ。 »