« The "fridge" which it calculates. | Main | 05/2Q »

2005.07.02

いいものうれるものもうかるもの

・・っていうのは、微妙に、だが明確に違うわけで。

何かを商売として造っていくにあたって見えてくる
意識の落差。

「いいもの」を造って(創って)も売れるとは限らないわけで。
むしろ、どう「いい」かが納得されなければ、残念ながら売れない。

じゃあ、「うれるもの」を造ろうというのは、よくある。
需要供給に、ニーズにウォンツにマッチしているか?という部分で修正を入れる。ユーザーが買える妥当な値段で仕上がってるか、というのも大事。ただ、これも売っても売っても儲からない場合だってある。

しからば、「もうかるもの」をやろうか、と言う話には、なりがちだ。
もちろんビジネスだから、儲かることは事業の存続についても必要なことである。

ただ・・・・、
全部が全部「もうかるものしかやらないよ」ってのは、ちょっと違うんでないか。
ものづくりにおいては、むしろ、なおさら。

開発の指標としてコストはものすごく重要なパラメータ。
それを実現可能な「もの」に仕上げていくためには、意識を持つべきだ。
でも、なんでもかんでも一律に削減できるものでもなく。コアパーツってのはひと手間ふた手間かかってしまっても基本理念を揺るがすわけにはいかない。そこを譲らないって決意も、エンジニアの度量である。
そして、その分を他のパーツのコストダウンでまかなうって、押し付けちゃうのも、危険。手を抜いた所からポロポロと弱点が発覚するってのは、エンジニアリングの歴史が事実として物語っている。
僕ら、制約条件の中で「いいもの」にどれだけ近づけるか、それこそが勝負どころ。

たとえ万が一、どっかに「金のなる木」が生えてるとしても、
肥料や水はあげなきゃならない。
枯らすつもりが無いんであればね。

|

« The "fridge" which it calculates. | Main | 05/2Q »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いいものうれるものもうかるもの:

« The "fridge" which it calculates. | Main | 05/2Q »