« GarageBand・・・ | Main | 押し売りお断り »

2005.08.03

真夏の扇風機

通勤電車で。

頭上に扇風機が廻っている。
電車用というよりは、家庭用の物に近い。
某重電メーカーのロゴが入っている。

車両自体もそのメーカーの製造で、
昭和54年製造、だそうだ。

かつてどこのうちにもあったような、
懐かしい形の扇風機だ。

昨日、家においてある扇風機が壊れた。
去年購入した廉価な小型のもの。
中をあけてみてあまりの粗雑さにびっくりする。
軸受け自体にベアリングもメタルもなく、
プラスチックのガワに割りピンで止めてあるだけ。
あっという間に摩滅して、廻らなくなっていた。

確かに安かったけれど、
ここまで手を抜いているとは思わなかった。
悔しいというよりは、情けなくもあった。

改めて、頭上で廻っている古い扇風機をしげしげと眺めてみた。
確かに形も古く重々しくもある。
何度も洗浄されているからか、金網のメッキも曇っている。
が、一点たりとも溶接も取れておらず、
ブーンと威勢のいい音で働いている。

どうだろう。
新しいものは、はたして進歩したのだろうか。
軸受けのたった一点で、全体が作動しなくなり、
交換できる部品も無く、
そのまま捨てられる運命なのだ。

それに比べて、ごらんよ!
家庭用の流用であったであろうその古き機械は、
高級じゃなくても真っ当な造られ方をしているのだろうか、
スタイルは古く懐かしくも、
まだまだ立派に、今日も頭上を旋回している。

|

« GarageBand・・・ | Main | 押し売りお断り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真夏の扇風機:

« GarageBand・・・ | Main | 押し売りお断り »