« Back to School | Main | 電子音楽の世界 »

2005.09.23

Rのメンテ。

ランバーサポートのパーツがドイツから届いたので
預けで交換に出しました。
同時に、24ヶ月点検と共にメンテ中。

ブレーキ周り+液モノ一斉交換、他モロモロ。

いやぁ、あのブレーキ、減らないわ。
4万キロ、笑っちゃうくらい減らない。
でもあいかわらずえらいキクからびっくりなんだけど。

あと、あんなにグルグルと走り回ってるのに
Michelin PilotSports、けっこう持つのねぇ・・。
パターンノイズはだいぶ大きくなってますが、
まだまだちゃんとグリップしてますです。

|

« Back to School | Main | 電子音楽の世界 »

Comments

タイア
4万3千キロの半分強を過ごした我が「PS」は、明らかに鳴き出しが早くなってます。
(目視では問題無いけど)

この冬、スタッドレスにして、春に戻すときに換えようかな。

Posted by: すーじー | 2005.09.24 12:48 AM

 走り屋luciferさんなら間違いないと思いますが、
自分の「PS」の場合、音が大きくなってきてもブロックパターンがかなり残っており、まだまだ持つと思っていたが、ま○くんさんに指摘されよく覗き込むとスリップサインが迫っており早め(タイヤ値上り前)に交換しました。
追伸---PS2良いですよ

Posted by: tsuchee | 2005.09.26 08:51 PM

どもー。

>すーじーさん
そうですね、絶対的なグリップは落っこちてるとは思います、実際。2年間の熱遍歴も考えれば、山はあってもコンパウンドはだいぶ劣化してるでしょうし。まあ、ムチャなトラクションを与えなければ問題ない程度ですよー。
(あましヤンチャは最近していないので・・)
私も今冬をスタッドレスで過ごした後に交換しようかな、と。

>tsucheeさん、
どもお久しぶりです。
先日24ヶ月点検で残溝チェックも当然してますが(というか、「走り(笑)」に行く前になんとなくはいつも見てますが・・)意外と残ってるのでびっくりした次第です。
かなりザラザラとうるさくなってきているので気にはしていたのですが、まるで練り消しゴムのような「スポーツ」な減り方とはずいぶん趣が異なり、4輪とも表面から均一に減っている様子がうかがえます。温まると軟化というよりは踏面が妙に粘っぽくなるのも不思議なもんですが。なんとなくケースの基本構造の良さとコンパウンドのバランスみたいなものが出てるんですかねぇ・・。
PS2はさらにまた良品のようですね。このところR32を含めて数台Michelinを履いてきてますが、どうやら次もMichelinになりそうです。

余談・・
で、小平の君、どうする?・・・(笑)

Posted by: lucifer | 2005.09.27 12:30 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Rのメンテ。:

« Back to School | Main | 電子音楽の世界 »