« 大崎<->五反田 | Main | ハナハナ »

2005.12.15

はぁ、「誤訳」とな。

前々からどうも違和感を感じていた現象なのだが・・。
はっきりとわかりやすいキーワードが書いてあった。
誤訳」と。
by.Newsweek日本語版(12/14号)

買って読んでみただよ。

えー、実は私も、
"SAYURI"や"LastSamurai"だとかに
なんだかな居心地の悪さを感じてましたが、
どうもHollywoodモノだけじゃないのです。
このあいだTVでやってた"WASABI"(仏)なんかもそうかな。

昔むかーし、YMOなんてバンドは、
自らを「誤解された日本」のイメージで塗り尽くして、
あえて海外に出て行った。
自虐的?? そうかもしれない。
(その枠に納まらなかったのはメンバーの才能)

フランス行ってタカラヅカを見せたら
ぷぷーと笑われるのかもしれない。
#ニューズウィークの現出版元が
 タカラヅカと縁が深いのは皮肉か?

何々風ってのは、限界がある。
速攻でその国に飛んでいけるようになったこの時代、
netでも「今のその国」を何とか感じられるようになった時代、
何とか風はまだ通用するのか??

ヨサコイの装束なんかも微妙に違和感が・・。
自国のEssenceをつまみ食いしているように感じる。
いわば日本人が演ずる「日本風」。

例のぷちナショナリズム論だけでもなく、
何か切り取る論法を模索していたのだが、
「誤訳」というキーワードは比較的クリアだね。

文化的キメラを超えて、
誤訳された「DNA」を組み込まれた
いわば文化的遺伝子操作なのかも。

その影響がどう暴走しちゃうのか、
思わぬ怪物に育ったりはしないのか、
微妙な違和感を感じたのはそういうことだったのかな。

|

« 大崎<->五反田 | Main | ハナハナ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference はぁ、「誤訳」とな。:

« 大崎<->五反田 | Main | ハナハナ »