« Rolling Stones | Main | 働き方のお話です。 »

2006.04.20

モバイルモニターヘッドホン

通勤のお供iPodのお供。

sony謹製、MDR-EX90SL

謳い文句は、
スタジオモニターヘッドホン「MDR-CD900ST」の設計コンセプトを継承したインナーイヤーヘッドホンシリーズ
なんだそうで。

カナル型(耳栓タイプ)好き+sony好きの属性持ちとしては、ほっとけません!
しかも900ST愛用者なので。
900and90
隣に置いてみました。小さいねぇ。

アルミニウムの切削仕上げという点も、好み(^^;;

故あって発売予定前なのですが、
入手できました。

実力のほど、拝聴拝聴。

上のLinkの中身見てもらえばわかるんだけど、
インナーイヤーホンの発売予告としては異様に力作です。
実際のところ、どうもモノ自体が力作っぽい。

さて、ほんまに"モニター"の感じなのか。

早速、EX70・71で慣れ親しんだSサイズのplugに取り替えて試聴、
矢野顕子などよく聴くソースで様子をみる。

・・ほへぇ。
耳に差し込んだのは、入手したばかりのこのインナーイヤー。
しかし、確かに知ってる音がする。
初見なのに慣れ親しんだ音が聴こえるのは、すごく不思議、
でも、すごく気に入った。

この小さいのに、ホールトーンがきちんと聞こえる。斜め後方に拡散していく様子が無理なく響いて、お団子にならない。たいしたもんだ。
低域は少々薄めに感じましたが、鼓膜を圧迫する感じがなく素直なほうかな。ダイヤフラムが大きいせいかかなり下までレンジが伸びていて、変な色づけのない音になっている。中高域の鳴りのよい感じ・高域の無理のない感じ・位相の正確な感じはまさに900ST譲りかも。バランスのよい空間情報が得られるのは"モニター"と言って差し支えないだろう。

実は、今まで使っていたEX71が
毎日使い続けたのでだいぶヘタってきていて、
次期候補を何度も探していた。

カナル形では有名どころの輸入品も相当試聴していた。
位相の正確さ、ダイレクト感はさすがだったのだが、大分、密閉性も音圧も高い製品が多くて、それこそモニターサウンドという感じではあったのだが、ちょっと独特の圧迫感に耐えられなくて躊躇していた。

そんなことをしているうちに、願ったりかなったりのEX90登場。
待ってみるもんです。
そして実際に聴いてみて納得しました。
少なくとも謳い文句には沿った出来上がりにはなってるなー。

|

« Rolling Stones | Main | 働き方のお話です。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モバイルモニターヘッドホン:

« Rolling Stones | Main | 働き方のお話です。 »