« New Shoes | Main | BGM »

2006.08.16

8・15

ついさっきまで、遅い仕事の帰りの電車の中で、
iPodでマタイ受難曲を聴きながら、
netニュースの映像を見ていた。

神社へ行った首相の話や、
遠く中東の停戦の話や、
小さな液晶画面に流れていく映像を
じっと眺めていた。

いや、
他人の思想信条など
知ったことではないのかもしれないし、
そんな行動に注目させられている
私たちこそ、策にはまったのかも知れないが。

でも、どうして、
目立つことしか考えないようなことって、
できるんだろうか、こんな日に。

この男にとっては、戦争の記憶でさえ、
注目を浴びるための格好の道具でしかない。

国籍や民族や立場など越えて、
あの頃に亡くなった全ての人たちの心を想い、
静かに祈ること、そんな日のはずなのに。

もういちど、マタイ受難曲の最終章を聴いている。

--------------------
Wir setzen uns mit Tranen nieder
Und rufen dir im Grabe zu :
Ruhe sanfte, sanfte ruh !
Ruht, ihr ausgesogen Glieder !
Ruhet sanfte, Ruhet wohl !
Euer Grab und Leichenstein
Soll dem angstlichen Gewissen
Ein bequemes Ruhekissen
Und der Seelen Ruhstatt sein.
Hochst vergnugt
Schlummern da die Augen ein.

私たちは涙にくれてひざまづき  
墓の中のあなたに呼びかける。   
「憩い給え安らかに、安らかに憩い給え」と。   
傷ついたみからだよ、憩い給え。
憩い給え安らかに、安らかに憩い給え。
あなたの墓と墓石は
不安な心にとって
心地よい憩いの床
また心の憩いの場所となるだろう。
この上なくみち足りて
そこで眼を閉じてまどろみ給え。
  ("Die Matthäus-Passion"BWV 244
   Nr.78: Schlusschor "Wir setzen uns mit Tränen nieder"
   /Johann Sebastian Bach 1727)

|

« New Shoes | Main | BGM »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 8・15:

« New Shoes | Main | BGM »