« カラフルなの。 | Main | Real Indian »

2006.09.18

Connexion By Boeing

ひと月ほど前の記事なんだけど。
儲からないから止めちゃうんだって。

利用する人が少なく、発展が望めないから、
だそうだ。

飛んでる間も、netができる。
便利なのかもしれないが、
実際にする人は少なかったということか。

国内線もやるのかなーと思っていたら、
その前にやめちゃうのね。

・・そりゃそうだ。

私は、空の上に居る時くらいは、
地上の雑事から離れていたい。

機内で"仕事"しなければいけないなんて
まっぴらだ。

#いや、飛行機じゃないけど、新幹線の中で
 ケータイ片手に上司とみっちり仕事したことはあります・・。
 もー、そんなのは二度とやりたくないよー。

出張の往復便だったら、なおさら、ねぇ、
利用する人も少なかったでしょう。

ただ、この「儲からないから止める」というスタンスは
気に入らないんだなー。

航空機公衆電話というサービスも
いつの間にか消えてしまった。

少なくとも極少数のユーザーは使っていただろうし、
「本当にどうしようもなく"絶対に"連絡が必要」な
世界をまたに駆けたビジネスマンもおっただろう。

こういう通信手段って、いわば「インフラ」なのであって、
儲からないから止めちゃう、という性格のものではないよなぁ。
一旦始めたら、責任を持つ、
だから私企業でも
イニシアチブを持った(独占)ビジネスができてるわけで。

こういう根幹的な部分をバッサリ切り捨てていくのを、
メーカーでもありシステムプロバイダーも兼ねている企業が
率先してやっちゃっていいんだろうか?

あなたは耐えられますか?
少なくとも、私はいやな感じがするんですけれども。

なんかねぇ、郵便や金融や交通のネットワークを
バッサリ捨ててっちゃうのと、近いような気がしてね。

数年前、ある県の突端の村で
ぽつんと一軒の郵便局(ATMあり)と公衆電話があるのを見たときに
人のいる国土に血が通う・・という感覚を得たことがあるんですよ。
#通信網は、神経系、かもしれないけど・・。

そこに設置して機能していれば、
きっと誰かが、いつか使って、役に立つ、
そういうやさしさも大事だと思うんだよなー。

----
ちょと追記:

やー、Universal serviceだという考え方と、
Ubiquitousであることを目指す根幹って、つながってるよね。
(逆に私有化・専有化・私企業化というのは
 Anti-CommonsもしくはAnti-Publicなのであって)

それはInfra=Lifelineになっていくなかで当然だと思っています。
UbiquitousであることそのものがLifelineの本質に近づくわけですから。

Computer/Netのいろいろありきではなくって、
昔から目指した(130年かけて構築した)
「いつでも、どこでも、だれでも」
手紙が届いたり電話ができたり
年金受け取れたりするっていうこと、
大事にしなきゃなぁ、って思うんです。

|

« カラフルなの。 | Main | Real Indian »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Connexion By Boeing:

« カラフルなの。 | Main | Real Indian »