« お名前は? | Main | 胃が痛いの? »

2006.10.06

嵐のCEATEC/再び

幕張に来てます。

しかしなんでCEATECのときって
天気悪いんだろー。

今日も一昨年に負けない悪天候。
早終いは無いようですが、
スーツずぶずぶの方多いですー。

でわ、3時お茶(タバコ)にいってきまーす。

----
帰ってきてから、追記なのねん。

さて、今年も行ってまいりましたCEATEC
相変らずオシゴトなので、
大半は稲毛側で、もがもがもがと打ち合わせ込み、
ちょっと別館(PROTECH)でもゴソゴソしてました。

それ以外の派手目なブースは駆け足ですが。

ざっくり詳細は、こういうところにあるので
見てみてください。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/features/ceatec2006/
最近は展示会の内容をかなり細かく書くようになってますね。
CEATECなんぞ業界展示会なのですが、
一般の入場者数激増らしくて、みんなこういうの好きねぇ(^^;;

いろいろ報告とインプレッション。
1:どーいうわけか天気にゃタタられるよね。
一昨年の話はココに書きましたが
今年もなぜかばっちり悪天候。
ま、事実上"一般公開"土曜日は天気いいみたいなんでよかったかも。

2:解像度&高コントラストパトルなのかな。
SharpとかPioneerとか、FullHD以上でいわゆる4K2Kだったり、
高コントラスト比なパネルの展示が印象的だった。
大画面化は行くところまで行っちゃっているので、
(家庭内に103vなんて置ける家などまず無いだろう)
28v~まあ42v程度まででキッチリハッキリ見えるものを
目指すのは、とても真っ当な方向だと思う。
デカさで圧倒するよりは違和感の無い高画質が出ることこそ
普段のTVとして売れていく条件なのかも。

3:SEDは再びクローズセッション形式へ
延々と並ばされるだけなんですが(^^;;
延期され続けてますが、
これこそ画質の基本性能はもともと出てる方式、
TVとして売れる(買える)日はいつ?

4:ケータイは別段面白くなかった・・・。
と言ったら語弊があるのかもしれないが、
できるファンクションは出揃っていて
既に"未来感"がもう無いよね。
あとは実装すれば機能的にはできちゃうものばかり。
音楽配信系が目立った感じですが、
なわばり争いでバタバタするのはもうイヤだなぁ。

で、ざっくり総論。
HDTVがそろそろ普通になって来ていたり、
モバイルでの送受信もやりさえすればできるとか、
デバイスの進歩に「やりたいこと」の進歩(発想)が
追いついていないのかもしれませんね。
出来ることは一緒で、Qualityが上がるということだけか?
#SDがHDになっても、16bit44.1kHzが24bit96kHzになっても、
 見たり聴いたりということ自体は変わらないでしょ?

去年も薄々感じていましたが、
以前の「世界が変わる・パラダイムが変わる」
「もう少し経つとこんなのが」の付近から
去年あたりの「ホレほれココまで出来てるんだよ」を過ぎて、
「もう売り出せば(買ってくれれば)実現」になっちまってますかね。
そのあいだに次のなんかを探すのが大事なんですけどねー。

単に私が(こういったオシゴトの結果として)
慣れちゃっているだけなのかもしれませんが、
強烈なExperienceが得られない所まで
来たのかもしれません。
Technologyの方向としては正解なのですが。

さりげなく普通に使える、ということと
圧倒的に高品質という世界が
普遍的に(違和感無く)共存できる、
そこへ向かっていることは、確認できました。

----
で、これらInnovationだったりのKeyは
主役のパネルやらだけが負っているんではなくて、
実は稲毛側なんかにある細々としたものにも
内在しているんです。

これについては、なんか言いたいので、
後日このblogのどっかで書きます。
よろしく。


|

« お名前は? | Main | 胃が痛いの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 嵐のCEATEC/再び:

« お名前は? | Main | 胃が痛いの? »