« AAC 192kbps VBR | Main | おだいばにて:1 »

2006.11.06

減らないクルマ

さっき、近所のシェルまでガソリンを入れにいったら
(たぶん)買ったばかりの黒いV-R32(5ドア)が居た。
やー、夜の水銀灯の下でも、キレイキレイ!
お約束ナンバーでしたし。

実は、やはりこの近所で何台もの新しいR32を見るのだ。
#あ、すーじーさんの青号も近所組みね!

この界隈、オレンジ色のFordFocus-ST買ったヒトも居るみたいで
なんだか、ほどほどホットな人が多くて面白いですが(^^)。

さて、そんな新しいクルマだけでなく、
少々前のホットバージョンの話を。

これまた近所のスーパーへ行くと
スモールバンパーのII-GTI(16V初期)などによく会う。
1988年あたりの個体ですね。
90年ころならビックバンパーだったはずだから。

多摩には全国的に有名な田中さんのお店、
Golf-II専門店のスピニングガレージがあるため、
もともと近所でのIIの遭遇率は高いのもあるんですが、
(田中店長には昔お世話になりました。元気かな?)
それだけが原因とは思えない数の少し古いVWが走っている。

ぶっちゃけ多摩でも中央道でも都心でも、
いや、横浜に居たときも、地方に行っても。

そろそろ車暦20年近いIIや、まだ新車同様のIII、
もちろん数多くのIVが走り回り、
それぞれのGTIもファミリーカーとしても活躍していて、
ようやくVを見る機会も増えてきた。

国産小型車や中規模のセダンで、
この勢いで残っている(実走している)車種って、他にあるかな?
特に大衆車であれば、陳腐化して消えるのは普通は早い。

Golfはもともと販売された数は最も多い輸入車だったんだけど、
その後ツブれないで使われている率も相当高いような気がする。
#VGJは、いちどそういうデータを収集したら面白いと思う。
だから、モデルチェンジしても減らない、
モデルチェンジすれば、一時的にはかえって増えて見える。

歴代各モデルは、まぁ同じ方向のテイストを持っているので
代替わりしてもGolfはGolfとして認識できるために、
こういう印象になっているんだなぁ。

逆にその結果、古いIIでさえも「古臭く」は見えない。
だから、耐久性の高さと伴って、まだまだ乗ることができる。
またまた減らないロジックが廻り続ける。

乗ってて出会うGolfだけではなく、
歩行者として信号待ちしているときにも、よく思うのです。

「Golfって、減らないクルマなんだなぁ・・」と。

|

« AAC 192kbps VBR | Main | おだいばにて:1 »

Comments

呼ばれました。

私のは、買ったばっかりじゃないよ(笑)

ところで、ステアリングを大きく切ったときの異音は、その後いかが?

Posted by: すーじー | 2006.11.06 11:10 PM

呼んじゃいました(^^)
いつもどもー>すーじーさん

あの青号は、買ったばかりの状態を保った個体・・でしたね。
いい道具でよく手入れされてるから、やっぱキレイキレイ!

ステアの異音、再チェック前にすっきり消えましたねぇ・・。再現性無しです。
ハルデックスではなさそうと言う見解ですが、どっかで作動油交換は考えます。過去、2万5千キロで一回換えてるんで。

それより、冷間時のフロントパッドのゴゴゴの方が大きな音がしてます。あの大きさ・減らなさですからねぇ、効きがいいぶん日常ではドーンとはなかなか踏めませんから、交換後になじみが出るにはいましばらくかかるのかも(徐々にはよくなってるし)。

Posted by: lucifer@W-ZERO3 | 2006.11.07 01:06 AM

先日、本文にある田中さんのお店に寄ってきました。

いい感じに仕上がったGolf-IIのGTIが作業中でした。10万キロを越える個体だとのことですが、まだまだ全然OK印なのです。

最近は、一見ノーマル地味目でキレイに乗って、実は速くて楽しい仕様が多いようです。

やー、愛着あって整備して売って、愛着あって永く乗っているって、いい姿だなぁ(^^)

田中さん、寒い中ありがとうございました!

Posted by: lucifer | 2006.11.27 11:26 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 減らないクルマ:

« AAC 192kbps VBR | Main | おだいばにて:1 »