« 方式変換 | Main | Like a Science Fiction »

2007.01.21

1.4-TSI

ツインチャージャー、
温故知新な様な気もしますが。

「「VWゴルフGT TSI」発売、ターボ+スーパーチャージャー搭載」
  by.WebCGの記事

1.4Lで170ps/24.5kgmを発生するそうです。
圧縮比の稼げる直噴エンジンに搭載したのが
今回のキモということで。

あっちこっちですでに書かれていますが、
ツインチャージャーという点に関しては
この方式のクルマは過去にもありました。

1:日産マーチスーパーターボ
とんでもないじゃじゃ馬だったそうで、どこでも横向きにできる
超激辛小型車(プリッキーヌみたいだ)でした。
930ccで110ps/13.3kgm、え、車重は770kgしかなかったの!!
あの狭いヤ○ツ峠でも豪快なターンを見せていたそうで・・・。
流石に、もう走っているの(中古で売ってるのも)見なくなったなぁ。

2:ランチア・デルタS4
グループB時代のラリー車のとんでもない部分を象徴する1台、
そしてこの車たちによってグループBそのものが幕引されてしまう。
1.8Lで456ps/46kgm、バケモノさ加減も大概にして欲しいパワー。
私は何度か実車を見ていますが、
御殿場で見たMARTINIカラー(1985RAC優勝車)が
えらくかっこよかった。

今度のTSIはそういったCompetition狙いとは
かなり遠い所に居るのですが、
排気量"だけ"がステータスではないという点は、納得できるかも。
燃費に至っては、1.6LのEを凌ぐとのこと。
DSGも付いてるし、あとはGTIとどこまで悩むかw

--------
ちなみに・・・
TDIはまだ日本に入ってこないんですねー、
(2010年導入を目標とか
 >http://response.jp/issue/2007/0119/article90478_1.html)
こっちは2.0Lで170ps/35.7kgm(!)、4motionもあり。
これでDSGだったら、ほれ、どうしよう・・・・・・。
#新世代ヂーゼルのR32みたいなもんですから・・・。

--------
あー、追記。

最近のVWは車種の出し方が、どっかの国産車のように
"Marketing主導"になったような気がして、ちょっと疑問があった。
(クルマの出来はともかく、2WDのSUVモドキなんて・・・)

しかし今回のは、技術を練り上げる方向が見えた。

VWはこういう技術の開発ネタをいっぱい隠し持ってる節もあって
再びチョロチョロと見せるようになってきた気がする。
「量産ベースに乗る妥当性が見出せなければ発表しない」
というのも、一種の誠実さと理解するべきなんだろうか?

VWグループでもあるaudiでは"Vorsprung durch Technik"
を標榜しているが、(それはFerdinand Piëchの置き土産?)
同じ流れがVW本体にも継承されていることを願う。

|

« 方式変換 | Main | Like a Science Fiction »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1.4-TSI:

« 方式変換 | Main | Like a Science Fiction »