« なんちゃってMultiTask | Main | 1.4-TSI »

2007.01.20

方式変換

都市ガスって、それこそ重要なインフラだし。

昨日、北見でガス漏れの痛ましい事故があって、
熱量転換前の4Bであることを知って、思った。
(改質ガスでCOが5%ほど含まれています)

転換計画が現在進行中である旨が記事にあり、
LNG系(12/13A)に変換するはずだった。

ずいぶん昔、東京ガスが転換した時の話をちょっと調べた。
作業はどれだけ大変だったんだろうか?

ここで、
インフラの方式変換がいかに重要で大変であるか、
思い知ることになった。

<思考の背景として>
2つ前のエントリでFPDの話を書いたとき、
2011年にアナログ停波するのを自明で書いてしまったんだが、
放送という「インフラ」も方式変換するに際しては、
責任と義務はきわめて重大なはずです。

放送電波はガスと比べれば直接的な危険は
無いかもしれないけれど、
送り出し側があって、地域に根ざした配送ネットワークと
個人所有(購入)の設置機器があって、毎日使う、生活必需品。
いまや緊急時の情報伝達にも重要という点では、軽い話ではない。
「インフラ」としての意味性は同じだと考えます。

古典的インフラとしてのガスの例を鑑みながら考えてみたい。

--------
実際、東京ガスが熱量転換(6B>12/13A)を完了させるまでに
およそ20年の歳月と大変な努力があったそうです。
各家庭に置いてある全てのガス器具のガバナを
サービススタッフの訪問作業で交換・調整し、
安全に使えるようにしていく、地道な作業。

当時、ウチにもサービスのおじさんが来ていたのを思い出す。
湯沸かし器もストーブも、キッチンのコンロもガスエアコンも、
スキヤキ用の卓上コンロも、一斉に
手作業で交換・調整していく。

1軒・1個でも未対策のものがあれば、事故につながる。
COを含まず安全なLNG系に変更するためなのだが、
不完全燃焼しては元も子もない。

だから時間をかけても確実な作業をしていったんだと思います。
そして、方式が変わるからといって、
本体ごと「買い換えて・捨てて」ということにはならなかった。
必ず修理したり調整したりできるようになっていた。

「明日からお湯も沸かせません、寒くても我慢してね、
 それがイヤだったら新しいストーブ買ってね」
なんてことは、ありえないでしょ?

我が家は何度も引越しをしましたが、
行く先々でガス種が異なる体験もしました。
4C>6B>13A>6C>LPG>また13A
転居先へ持って行った機器はその地域に合せて調整してもらい、
それぞれ、寿命が来るまできっちり使いました。

その中では、調整に来たサービスのおじさんの一人は
コジェネシステムのエンジン調整ができる腕利きの方も居て
作業の休憩時に、燃焼温度と熱効率の話で盛り上がった・・
つうのもあったっけ。
#ヲ○クなコドモでどうもすいませんでした・・・。
彼は、「大事に使ってくれてありがとう」と言っていましたよ。

この熱量変換自体についても、
経済産業省(旧通産省資源エネルギー庁)が
1990年にIGF21計画として政府主体でガス転換を提言して
大都市以外で全国のガス事業者が着手してからでさえ、
17年がかりで未だ終了していないんです。(目標は2010年)

インフラの方式変換には、
これだけの時間と持続的な努力と、覚悟がいる。

そして、
(コレ重要ですが!)
敷設・設置したインフラは、きちんと管理・メンテすること。
#老朽化を放置したり勝手に廃止ってのは許されない。
特に幹線やネットワークってのは利用者からは見えない
バックボーンであるからこそ、守らなければいけないっしょ!

今回は、悲しい事故をきっかけに知った事になりましたが、
覚えておいたほうがよい事例だと思います。

--------
さて、アナログ停波の話に戻る。

「政府の方針だから、使えなくなります」という
CMやら家電店でのPOPやらは目にするようになった。
でも、既に買って持っているものについてどうするのか、
修理・調整・レトロフィットの「具体案」は示されていない。

方式が変わるから使えません、
壊れていなくてももう写らないんだから、
事実上「古いの捨てて買い換えてくれ」なんて
やっぱり変な話じゃありませんか?

まだ記憶に新しい、PSE問題もそうでしたが、
「政府の方針だから」というお題目の
ここんところのヤリカタは揃いもそろって、なんか狂っている。

#使い捨て前提
##もしくは買ったもんポイポイ使い捨てできるぐらいに
  稼いだものが「勝ち」、とかね。
###下手すりゃ「高価なものを使い捨て」ほどカッコいい風潮。

ケータイ電話では、TACS>cdmaOneになる際には
端末の無償交換をした例もありますが、
同じ事を全国全世帯のTV受像機にできますか?

はたまた、現存する全受像機分の外付け地上デジタルチューナを
製造して、無償か廉価で、配布しますか?

それとも、2011年のその日、
今持っているアナログテレビがまだ動いてるとして、
ウチに来て、改造作業していってくれますかねぇ、
イヤな顔ひとつせずにね。

|

« なんちゃってMultiTask | Main | 1.4-TSI »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 方式変換:

« なんちゃってMultiTask | Main | 1.4-TSI »