« 飛んで飛んで | Main | 漕いでゆけ! »

2007.02.25

イロイロ選べる

っていうのは、楽しいと思うよ。

SoftBankが出しているカラフルなケータイ、812SH
PANTONEのコンセプトで20色展開ですね。

ケータイ屋さんの店頭でズラっと並べて売っていますけど
あんな色もこんな色も(無彩色も)あって、楽しいね。

去年、iPodがカラーバリエーションを復活させた時も思ったけど、
選ぶ楽しさ・持つ楽しさって、重要ですよね。

キャリアどうの、スペックどうのという視点からは
ちょっと離れて、楽しんで見てみたい。

--------
ところで、PANTONEといえば
色番号と名前の書いてあるカラーマッチングシステム。
色見本帖ってキレイよね。
印刷インク(インキ)の調合や色あわせに使うアレです。
画材屋さんへ行くと、
だいたいPANTONEとDICとTOYOを置いてますね。

こういうの見てみるとよく思うんですが、
色の名前って、奥が深いなぁ・・。

むかし、PANTONEではないのだが
手元にDICのカラーガイドを持っていた。
DTPをやっていた頃のもので、印刷屋さんから頂いたものだった。

一般用のカラーガイドだけでも十分楽しいのだが、
このシリーズに「日本の伝統色」と「フランスの伝統色」ってのがあって、
古風だったり優美だったり、名前が書いてあった。
(最近は「中国の伝統色」っていうのもあるんね)

色の表記って、一般にはJIS(Z8102)でも
呼び方が決まってるんだそうですが、
そうじゃなくても、名前を聞いただけで想像させられる
イメージってあるじゃないですか。

和名ならば、利休鼠とか江戸紫(結構渋めの色だな)とか浅葱とか。
ばあちゃんが着物の色で教えてくれたのも、そういう粋な体験。
洋名もいろいろで、同じ青でも空や海や鉱物を想像するたくさんの色たち、
異国の空をイメージさせるような名前がたくさんある。

その国や地域の文化や感性が見えてくる名前たち、
素敵だと思います。

(参考)
こんなページ見つけたよ。>和色大辞典
モニタ上でも楽しいねぇ。HTML用のRGBも書いてあるし、便利。

--------
話は戻って。
今回のケータイは20色でしたが、100色くらい選べても良いのかも。
お気に入りのカラーで大事に使うっていうの、どうです?
着せ替えボディで好きな色や素材にするのもいいと思う。

ずーいぶん前にクルマでも100色選べるのありましたっけ。
>Lancia-Ypsilonだったと思う・・・。
Renaultなんか多色展開してますね、日本導入でも13色とか。

それぞれの色に素敵な名前がついていますが、
そういえば、Citroënの赤はRouge Luciferのままなのに
PeugeotがLucifer Redと英語化してしまったのはなぜなんだろう?
せっかくなのになw

国産もMarchとかVitzなどにかなりキレイな色が増えてきてますけど
好きな色のクルマに楽しく乗るというのもいいよなぁ。
特にコンパクトカーならそういう楽しみって大いにアリ。

で、国産車ならではなんだけど、
日本の伝統色シリーズなんてのがあってもいいんじゃない?

|

« 飛んで飛んで | Main | 漕いでゆけ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イロイロ選べる:

» 色が好き [色見本]
色見本を使っている人は、色を選ぶ仕事をしている人が多いでしょうね。もしくは、家の壁などの色を発注する人。色見本や色見本帳を使ってどの色にしようか迷ったりして。 [Read More]

Tracked on 2007.04.21 12:59 AM

« 飛んで飛んで | Main | 漕いでゆけ! »