« 2000+07 | Main | 旅の途中 »

2007.02.09

"Think Different" once more.

AppleのCEO、Steve Jobsが、DRMについて
異例(予想外か)の発言をしている。

「レコード会社はDRMの放棄を」by,CNET

むむむ・・・。

私は何度か現状のDRMのシステムや
配信系に対する不信感を表明していましたが
今回は、よくぞ言った、と思っています。

そう、10年前の"Think Different"の視点を思い出した。

「発想を変えよう」、オンガクは囲えないんだ。

公式サイトではこのような文章が。
"Thoughts on Music"

このタイミングでのリリースについては
欧州での流れを受けての事といい、
異論反論、批判もあるでしょうが、
提示した方向が真っ当である事は認めましょう。

--------
さて現状、DRMがある中で
出来るだけ多くの人に届けるには
こんな方法もあると実感したのは、
前のエントリーのYMOの件。

今回、とりあえす配信音源だけなのだそうだが
配信元のサービスについてリストを見てみてほしい。
たぶん、国内の主要なものは網羅している。

その結果、どの機器持ってても、まず聴くことは可能。
#機器間の可搬性についてはまだ全然として。

AppleのiPodであろうと、SonyのWalkmanであろうと、
キャリア問わずでケータイ機器であろうと。

つまりだ、何かを聴きたいから
どこそこ社製のハードウェアを購入するとか、
もしくは購入した機器に限定された
「ヒモのついたサービス」に加入せざるをえない・・といった、
囲い込みの効果はかなり無くすことが出来ている。

残り少々の残念点といえば、
Macでだいぶやりづらい点があるとか
OS(Platform)に依存した点がままあるね。

--------
DRMがあるのが当たり前になっていたところに
今回のSteve Jobsの件といい、全配信の手法といい、
少し風穴を開ける流れが見えてきたようだ。

DRMにしろOS縛りにしろ、
縄張り争いや性悪説の乱用はもううんざりだ。

LinuxやGPLのような考え方はSoftwareで先に進んだ。
利害(=商売ベース)の論理のみが全てでないこと、
だんだんとEco-systemとして成立する事も理解されてきた。

私だって、Hardware側で食っているんだが
関わって造られたチップや機器は、
誰彼問わずに使い倒して活用してもらったほうが本望だ。
それできっともっと、明日も未来も食っていけるだろうし。
縄張りのために製造してるんじゃないんだから。

ん、これ、産業人として間違ってないよね。

人間、利害や損得だけでは腐るよねぇ・・。
オンガクについてなら、ことさらそう思う。

だから、発想を変えなきゃ、ね。

|

« 2000+07 | Main | 旅の途中 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference "Think Different" once more.:

« 2000+07 | Main | 旅の途中 »