« 飛んだり走ったり。 | Main | カッコよく、ご安全にぃ~ »

2007.07.21

電脳と記憶と想像と

Virtualなものには
あまり引っぱられないようにしてるんですが。

ま、ほら、
その裏のカラクリだとかに主点ありの生業だし、
Realなモノに触れないと納得いかない性格だし。

でも、

想像は自由、
想像したものはきっといつか現実になる(かも)?。
少なくとも体験としての記憶なら、
虚構と現実を誰でも行き来できるようにはなってる。

旧来から映画やアニメやテレビはそういうものだった。
聖書や古事記の昔から、創作物一般につきまとう性質はそれ。
#オカルトやカルトに侵食されない範囲でね。

最近はその一端を電算機的なカラクリと通信技術が持ってて、
過去の先達が想像したものによって開眼して
世界観の開拓と開放と普遍化に参加してしまったのは
僕もあなたも、だろう。

構築しつつあるものを受け取った子供が子供時代に
「あたりまえ」とか「来るべき」の現実と感じられるものだったら、
たぶんそうとう的を射ているレベルのものなわけで。
#アタマデッカチのオトナでは気づかない鋭敏な選択。

あったら便利だけど使いこなせない を越えて
無くても困らない=あっても困らない のすぐ先で
さっさと使いこなせるのは、子供の特権。

--------
電脳

うちでも子供が任天堂DSをやってますが、
通信できる電子機器(端末)が
もはやかなりの数の子供が装備している現実。
いずれケータイだって持つでしょう。

祖父母の時代に映画と電話が
両親の世代でラジオテレビが
僕らの時代でファミコンやPCが
あたりまえになっていく過程にあったように。

あたりまえのように端末を持って海へ森へ。
形変われど、アラン・ケイが出ていた
来るべき未来図に近づいたのかな。

--------
記憶

PS3のぼくなつ3PVを見ていて、
自分の過去や体験にかなり近いところのものが
ゲームプログラムの形で動いているのをみて。
#今回、舞台が1975年の北海道というのも刺さる理由。
 「だとすれば詰めが甘い」というのは置いておいて。

まるで自らの子供時代の
30年前の記憶というものが再構築されて
電脳空間にあるように感じる不思議。

過去に向けてのLifeLogの普遍化した表現、
そんなものが身近に来ている事を知った。

--------
想像

NHKが積極的なアニメ戦略をとっている様で、
電脳コイル」というのを最近やっている。
#TV点けたらやってたので見てみた。

大人向けの深夜アニメなんかではなくて、
子供が普通に見て楽しめるような作品です。
でも十分に大人の鑑賞にも堪えうる。

ユビキタスな電脳空間と昔ながらの現実世界の
スレスレを自由に行き来するコドモの行動力。
スキマや自由区を見つける能力だったら、
昔も今も未来もきっと変わらずコドモの才能だ。

この作品を見た子供の中から
また次のイノベーターが発生するかもしれないし。

そしてたぶん、私たちの世代の10-20年後を明示する
21世紀版「コンピューターおばあちゃん」の存在。
# ♪昭和生まれのコンピュータw

僕も、次に「来るべき」へ進まなきゃ。

いつかどっかで「じぃちゃん、すげー!」とか
「システム造っといてくれてありがとう」って
言ってくれそうな物を、今から構築できるように。

決してオトナの都合だけでなくて、
受け渡したあともコドモ達が困らないようなものをね。

--------
今の電脳の世界と、
過去の記憶を(擬似)再生する機器と、
未来への想像力の一端と、
グルグルと脳裏に廻して想うことは、
僕ら、まだまだやることはいっぱいあるのよ!
というあたりなのかな。

|

« 飛んだり走ったり。 | Main | カッコよく、ご安全にぃ~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 電脳と記憶と想像と:

« 飛んだり走ったり。 | Main | カッコよく、ご安全にぃ~ »