« 資本主義の諸段階・・・ | Main | 食えるもん食えないもん。 »

2007.07.02

モシャモシャ

アタマがモシャモシャなのは
なにかその中身の渦巻く様子を
表現しているのか。

僕も実はモシャモシャなんだけど、
本当のとてつもないモシャりぶりは
家人しか知らないわけで。

TVでよく見る人のうち
数名のモシャモシャさ加減が気になって。

久しぶりに落ち着いて聴いた佐野元春さんの
モシャモシャなんだが
整えられたライオンヘアを見て。
この人のは
なんかパーマで意図的にライオン化していた
どっかの元首相とは違うわけで、
NaturalBoneなわけで。

大泉洋さんのモシャッた感じが
長距離移動でさらに増強されていい感じに。
あの軽快で語尾の上がった感じで
「そうですよ、ボクはモシャモシャですよ!」
と、笑わせてほしい。

茂木健一郎さんのモシャモシャは
本当にたぶん、そこに内包された頭脳の
まるでシナプスが絡み合うが如くの
ネットワークの縦横無尽さを示すようで。

--------
僕のアタマも実は相当のモシャモシャだ。
祖母がこれまた強烈な天然パーマだったため
しっかり優性遺伝したらしい。

中高生以降、学校で面倒くさい目に遇ったり
#「おめー、パーマは禁止だゾ」系のやつ・・・
朝の、外に出られるまでの手間のかかり様に業を煮やし
ストレートパーマ>縮毛矯正をたまにかけて今に到る。
しかし寝起きの「鳥の巣」の乗っている画は
あいかわらず家人ぐらいしか知らない。

昔、図らずもクルマ雑誌に載ってしまったあの写真は
朝早くの撮影のため、モシャっている数少ない記録。
だから、あちらこちらでお会いした方も
モシャである印象はあまり無いかもしれない。

欧州へ行った際は、短めに切っていたのだが
向こうのシャンプーが髪質に合わず湿気って
すぐにクルクルと癖が戻ってきてしまった。
#バサバサな髪質が多いので保湿剤が多量に入っている。

コレのおかげ(?)で、シノワやヴェトナミーズと言われなくなり、
幾分は歩きやすかったんだが。
僕とおんなじ様な髪型で黒髪のラテン系の人がいっぱい居て
背格好もおんなじ様で、すっかり紛れて歩いていた。

アジア人の一般的イメージは黒髪直毛なんだなぁ、と
身をもって知った。

梅雨の高温多湿な今日この頃、
相変わらず面倒くさいこのアタマを
なんとかスーツが着れる程度に整えるためには
またたまにストレートパーマで伸ばしながら
いつもの姿になっていくのだろう。

少なくとも通勤サラリーマンには見える程度に、
これも一種のUniformかCamouflageか。

アタマの中身はいろいろ渦巻いているんですがねー。

|

« 資本主義の諸段階・・・ | Main | 食えるもん食えないもん。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モシャモシャ:

« 資本主義の諸段階・・・ | Main | 食えるもん食えないもん。 »