« 銀塩と荷電素子の間に | Main | Le Corbusierの夢 »

2007.08.02

噂のHatchback(s)

自他共に認める
Hatchback偏愛主義者になっちまってますので、
ニューモデルが出ると気になって気になって(^^;;

かねてから噂になってたクルマが出てきたり
噂=期待値に変化したりして、
久しぶりにクルマネタのエントリーです。

噂どおり、高出力版が出ましたね、
トヨタ 「ブレイドマスター
名前にはちょっと・・・でしたが。

下はカローラ系からのハッチバックボディに
V6-3.5Lの2GR-FE(280ps/35.1kgm)という強心臓。
やや、もはや"れくさす"で売ってもよかったんじゃないの?
#直噴2GR-FSEでなかったのはなぜなんでしょう??

実際、HotHatch路線ではないようですし、
FFのまんま、普通の電制トルコンATですんで
我らがR32等の欧州勢とは見てる方向が違うようですね。
当面は国内専用車?

--------
さて、この後に控えまする噂のマシンは
スバル・インプレッサのSTi。

新型は5ドアハッチに大変身しているわけで、
STiはまだ未発表、年内に出るかなーなのですが
こっちはAWDの競技ベース車(のはず)なので期待が持てます。
2L過給ありで楽に280ps届いちゃうでしょうから。

狙いが明確な車種・グレードってのは、
気持ちがいいよねぇ。

--------
・・・なんて、高出力志向(嗜好)で書いてみて。

自分もV6-3.2Lのハッチに乗ってますから
その楽さ加減と楽しさ・熱さ加減を満喫しているのですが、
ここに来ての大排気量化は
メインストリームでは無いようにも感じるのです。

R32で先鞭を付けた自らのVW-Golfという車種にしても、
数年の経緯をもって、片や1.4Lツインチャージャ(GT-TSI)という
小排気量+過給器でハイチューンという別の方向を見せている。

もともとのコーナリングマシン向けには
鼻先は軽いほうがいいし、
どーんとGTな走り方をするにしても、
今時の過給器つきなら苦もなくこなす。

Peugeot-207GTi/308にしろ、Mini-Cooper Sにしろ、1.6L-Turboで
カリカリのMEGANE-RenaultSportでさえ2.0L-Turboになっている。

"テンロクターボのハッチ"なんて言葉には
遠い目をしながらだいぶ昔を思い出すのだが、
直近の技術の趨勢はむしろこっちへ向かっている。

Hatchback一般、そして特にHotHatchの行く末は
B/Cセグメントの激烈な競争と共に試行錯誤を続けて
様々なスケールの機関・メカニズムを投入しながら
これからも数々の名車(迷車?)で楽しませてくれそうです。

そいつらが自分の手の内に有りうる、というあたりも
クルマを買って乗って楽しんで実感することができる
このクラス/スタイルの面白さだと思うのですがね。

|

« 銀塩と荷電素子の間に | Main | Le Corbusierの夢 »

Comments

べーつにHOTなハッチで無くても良かったんだけどねぇ。(^^;;;
ちょっと元気ならそれで十分だったかなぁ。
だからツインチャージャーは良いのかなって思う。

車体がもうちょっと軽ければ、、、ね。
あまり高さ方向に振らなくていいから、ずんぐりむっくり感をもうちょっと減らして欲しいかな。
Golf6のスパイ写真はちょっとそんな感じなので微妙に期待。

Posted by: irikura | 2007.08.08 02:45 AM

どもー。
>irikuraさん。
たぶん、NAのAWDのハッチって方向で善しだったんですよね(?)。

R32は、今まで買った中ではtoo hotな感じもしますねぇ、実は私も(^^;;;;
トルク的な力に余裕のあるのは普段から楽ですが、200ps超の真価はよっぽどでないと発揮しないし・・。

常々、Poloに1.4-TSI(TDIでも可)で4motion+DSGなんて楽しそうな夢を見ちゃうんですが、Bセグのお値段考えたら、売れないんでしょうねぇ、残念。

Posted by: lucifer | 2007.08.08 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 噂のHatchback(s):

» アルファ147試乗レポート [アルファ147試乗レポート]
2006年7月〜2007年7月までの1年間通してアルファ147 1.6TIを乗ってきました。 どこまでもブン回るアルファ147 1.6Lのツインスパークエンジンの素晴らしさ!試乗レポートをお届けします。 [Read More]

Tracked on 2007.08.07 11:15 PM

« 銀塩と荷電素子の間に | Main | Le Corbusierの夢 »