« 銀塩と荷電素子の間に | Main | Le Corbusierの夢 »

2007.08.02

噂のHatchback(s)

自他共に認める
Hatchback偏愛主義者になっちまってますので、
ニューモデルが出ると気になって気になって(^^;;

かねてから噂になってたクルマが出てきたり
噂=期待値に変化したりして、
久しぶりにクルマネタのエントリーです。

噂どおり、高出力版が出ましたね、
トヨタ 「ブレイドマスター
名前にはちょっと・・・でしたが。

下はカローラ系からのハッチバックボディに
V6-3.5Lの2GR-FE(280ps/35.1kgm)という強心臓。
やや、もはや"れくさす"で売ってもよかったんじゃないの?
#直噴2GR-FSEでなかったのはなぜなんでしょう??

実際、HotHatch路線ではないようですし、
FFのまんま、普通の電制トルコンATですんで
我らがR32等の欧州勢とは見てる方向が違うようですね。
当面は国内専用車?

--------
さて、この後に控えまする噂のマシンは
スバル・インプレッサのSTi。

新型は5ドアハッチに大変身しているわけで、
STiはまだ未発表、年内に出るかなーなのですが
こっちはAWDの競技ベース車(のはず)なので期待が持てます。
2L過給ありで楽に280ps届いちゃうでしょうから。

狙いが明確な車種・グレードってのは、
気持ちがいいよねぇ。

--------
・・・なんて、高出力志向(嗜好)で書いてみて。

自分もV6-3.2Lのハッチに乗ってますから
その楽さ加減と楽しさ・熱さ加減を満喫しているのですが、
ここに来ての大排気量化は
メインストリームでは無いようにも感じるのです。

R32で先鞭を付けた自らのVW-Golfという車種にしても、
数年の経緯をもって、片や1.4Lツインチャージャ(GT-TSI)という
小排気量+過給器でハイチューンという別の方向を見せている。

もともとのコーナリングマシン向けには
鼻先は軽いほうがいいし、
どーんとGTな走り方をするにしても、
今時の過給器つきなら苦もなくこなす。

Peugeot-207GTi/308にしろ、Mini-Cooper Sにしろ、1.6L-Turboで
カリカリのMEGANE-RenaultSportでさえ2.0L-Turboになっている。

"テンロクターボのハッチ"なんて言葉には
遠い目をしながらだいぶ昔を思い出すのだが、
直近の技術の趨勢はむしろこっちへ向かっている。

Hatchback一般、そして特にHotHatchの行く末は
B/Cセグメントの激烈な競争と共に試行錯誤を続けて
様々なスケールの機関・メカニズムを投入しながら
これからも数々の名車(迷車?)で楽しませてくれそうです。

そいつらが自分の手の内に有りうる、というあたりも
クルマを買って乗って楽しんで実感することができる
このクラス/スタイルの面白さだと思うのですがね。

|

« 銀塩と荷電素子の間に | Main | Le Corbusierの夢 »

Comments

べーつにHOTなハッチで無くても良かったんだけどねぇ。(^^;;;
ちょっと元気ならそれで十分だったかなぁ。
だからツインチャージャーは良いのかなって思う。

車体がもうちょっと軽ければ、、、ね。
あまり高さ方向に振らなくていいから、ずんぐりむっくり感をもうちょっと減らして欲しいかな。
Golf6のスパイ写真はちょっとそんな感じなので微妙に期待。

Posted by: irikura | 2007.08.08 02:45 AM

どもー。
>irikuraさん。
たぶん、NAのAWDのハッチって方向で善しだったんですよね(?)。

R32は、今まで買った中ではtoo hotな感じもしますねぇ、実は私も(^^;;;;
トルク的な力に余裕のあるのは普段から楽ですが、200ps超の真価はよっぽどでないと発揮しないし・・。

常々、Poloに1.4-TSI(TDIでも可)で4motion+DSGなんて楽しそうな夢を見ちゃうんですが、Bセグのお値段考えたら、売れないんでしょうねぇ、残念。

Posted by: lucifer | 2007.08.08 10:06 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 噂のHatchback(s):

» アルファ147試乗レポート [アルファ147試乗レポート]
2006年7月〜2007年7月までの1年間通してアルファ147 1.6TIを乗ってきました。 どこまでもブン回るアルファ147 1.6Lのツインスパークエンジンの素晴らしさ!試乗レポートをお届けします。 [Read More]

Tracked on 2007.08.07 11:15 PM

« 銀塩と荷電素子の間に | Main | Le Corbusierの夢 »