« カッコよく、ご安全にぃ~ | Main | 噂のHatchback(s) »

2007.08.01

銀塩と荷電素子の間に

なにも、素子の話を書くんではなくって。

ムービーではもうずいぶん以前から、
スチルも一般的にはほとんど、
電子化された映像になっている。

もちろん、ビデオという仕組みでは
CCD/CMOS以前から撮像管なので
電気仕掛けが当たり前ですが。

ただどういうわけか、
フィルム写真や映画の画質ってのは
僕らの潜在意識には残っているようで、
そういう画質のものを見るとホッとするのは
ご経験があるかもしれない。

むしろ、
撮影・記録のシステムがデジタルになってからのほうが
そういう心理領域に訴えかけるテクニックが発達してたりして。

私も以前ココで「Kodachromeの色」なんて事を書いてましたが、
電子化されればされただけ、想いを表現したい欲求も
実現する手段が現れたりするわけで。

--------
最近の業務用やハイアマチュア用ビデオカメラには
「シネガンマ(カーブ)」という機能が付いているそうだ。
銀塩フィルムでの撮影と同じような雰囲気、
もしくは要するにテレシネされた映画のような画像を
持ち込むことができるそう。
こういう雰囲気を「フィルムルック」と言うようです。

そういえば最近の音楽PVとかでいかにも映画っぽい画質の
ライブ版DVDなんか見たことありますが、
これだったのかな?

--------
スチルの側も、デジカメで撮影した後に
前々からレタッチソフトでいろいろ試すなど
手法はアマチュアにも解放されてきてはいたんですが、
そういう目的専用のソフトウェアが登場していた。
"DxO FilmPack"発売元:SOFTWARE Too
#TooさんといえばDTPのときは世話んなったなぁ。
#マイシティの現Tools(元Too・旧いづみや)で画材も買ってたっけ(笑

まあ、再現可能なフィルムのLineup見てびっくらコク。
KodakのTri-XやFujiのVelviaもあったりして、わー。

これもまた「フィルムルック」なんですね。

ただし、これで処理した後も
プリンタで出す時にまた悶窮するんですけどねー。

--------
もはや手法手段としては
デジ/アナのどちらが優劣って感じではない次元に来ているかも。
#それぞれの有利不利はあるでしょうが。

ただ、アナログだったり銀塩だったりっていうものを
過去に経験して知っているから心惹かれるのも否めませんが、
リアルな物質を通じた現象で実現していた"感触"に近い部分こそ
表現の世界では無理なく気持ちに届くのもあるわけで、
苦手とされていたデジタルで実現できるのは、いいことだな。

暖かい・冷たい・瑞々しい・近しい・・・、なーんて
空気感のような様々を込めていくのが、
単なる記録ではない映像たちへの想いなのでしょうから。

|

« カッコよく、ご安全にぃ~ | Main | 噂のHatchback(s) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 銀塩と荷電素子の間に:

» 潜在意識っていったい何? [潜在意識って何ぞや?]
潜在意識っていったい何? [Read More]

Tracked on 2007.08.01 09:11 PM

« カッコよく、ご安全にぃ~ | Main | 噂のHatchback(s) »