« 廃棄前提デバイス・・・ | Main | Digital Audio »

2007.08.11

なの の あな

これを考えた人もスゴイけど、
モノにしようとしているのがスゴイなぁ!

次世代ハードディスク向けパターンドメディアの記録・再生に成功
~世界初!アルミナナノホール1個1個への記録・再生を実証~

アルミナ(アルマイト)にナノな穴が空いてるんですよ、
そこにコバルト詰めちゃうと、磁気記録ができる。
しかも、狙うは1平方インチあたり1テラビット!

詳細な内容はこちらにあります。
ナノホールパターンドメディア」/from 雑誌FUJITSU

磁気でないほうの記録素子については
流行廃りもなんだかよく知っているのですが、
磁気記録のオモシロイのは範囲外だった・・・。
ネットニュースで読んで、目がまん丸ですよ。

驚くほど細かい穴が
驚くほど整然と並んでいる。

この穴に、色素を詰めれば着色アルマイト、
クルマのパーツで見るあれですよね。
この穴に、コバルトなんかの磁性材料を詰めれば、
整然と並んだ磁石=磁気記憶単位、なわけです。

こういう極微細構造がキレイに並ぶ仕組みには
自己組織化、という自然の巧みさが隠されているわけで。
うまくコントロールできれば驚くほどの精緻さで
ある意味"美的"というべき世界が現れる。
#えー、半導体でも流行ってますね、量子ドットとか。

物質固有の・物性の持つ天賦の才能みたいなものを
気づいて、引き出して、生かして、モノに仕上げていく。
こりゃ、ワクワクするほど楽しいでしょうなぁ。
(ものすごく大変なのと同値で!)

この、アルミナ膜=陽極酸化処理で生成した膜、
よくいうアルマイト処理の同類なわけですが、
アルマイトの開発も日本人の手によるものだったことを
ご存知でしょうか・・・?
#上の文献にもちょこっと書いてあるんですが。

理化学研究所にて大正13年のことだそうです。
http://www.riken.jp/r-world/info/release/news/2005/may/index.html#kin_01
よく見て、気づくってことは、大事なんだなぁ。

その辺から、脈々着々とこういうナノの世界まで、
技術ってつながっていくんだな。

久しぶりに、気持ちの底からスゲェと思わされた開発でした。

|

« 廃棄前提デバイス・・・ | Main | Digital Audio »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なの の あな:

« 廃棄前提デバイス・・・ | Main | Digital Audio »