« Turn,Turn | Main | Digital Audio:2 »

2007.09.30

オープン・3考

高速道路を走りながら。

すごく高価で高級な
クーペタイプのオープンが横を追い越していく。

あぁ、いいよねぇ、オープン。
私も、どっか憧れがある。
空とともに走る開放感、
クルマ好き、運転好きならなおさら。

でも、そういったクルマはだいたい
高くて大きくて、身の丈とは言えない。

こういう車種でのバリエーションは、
威圧感と共にあるような存在だから
その属性があまり好きでない私には
グッとこないのではありますが・・。

--------
いや、軽にだってコンパクトにだって
ライトウェイトスポーツならなおさら、
立派なオープンはあるじゃないですか。

ロードスター、コペン、マイクラ、207cc、Eos、
古くはビートからエリーゼの域まで。

ドライブを楽しむためのクルマの本質なら、
小さくても、小さいからこそ
ひらりひらりと空気を連れて走る楽しみに
あるだろう。

もう片一方のクルマの本質、
「誰よりも遠くへ、できるだけ速く」移動する道具
そういった志向・嗜好の外に私が出る日が来るならば、
車内を季節の風が通り抜けて、
日の光は頭上に降り注ぐのだろうか。

-------
ショッピングセンターの駐車場にて。

水色のハイブリッドカーが停まっている。
もうずいぶん普通に見慣れたクルマになったな。

このクルマのルーフからリアにかけて
なだらかに絞り込んだ形状になっている。
空力に沿った形なのだな。

ふと、こんな絵が頭をよぎる。

あの絞り込んだリアの斜めの部分が
すーっと開いて、
メタルトップが格納されて、屋根が開いたら・・・。

そうなのだ、
ハイブリッドのオープンはまだ無い。

空気を(できるだけ)汚さないクルマにこそ
新鮮な空気を満喫できる資格が
あるはずだ。

たぶん、きっと、いつか、
そんなクルマが現れることを
密かに期待している。

|

« Turn,Turn | Main | Digital Audio:2 »

Comments

もうかな~り前のこと。

喫茶店でコーヒーを飲んでますってぇ~と、知り合いが、

「乗ってきなよ」

と言って、ポーンと鍵を投げてきまして、表に出ると、MG RV8でした。

ちっこいボディーに、レンジローバーと基本は同じ「オールズモービル」のV8が、暴力的な加速感を演出してましたっけ。
コーナリング中に段差を乗り越えると、笑っちゃうほど古典的な挙動。

エコとは正反対の、オープンの試乗記でした。

Posted by: すーじー | 2007.10.01 10:55 PM

どもー

>すーじーさん、
こらまたどうも!

V8ですかー。。
漢のマシーンですなぁ。

古典的な乗り味、
それはそれで憧れってもんですよね。じゃじゃ馬を駆る、クルマ好きのまた一方の願望でもありそうで。バイクが近い感じですか。

ともかく、内燃機の行く末には悩ましい時代ですねぇー。

Posted by: lucifer@W-ZERO3 | 2007.10.03 10:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オープン・3考:

« Turn,Turn | Main | Digital Audio:2 »