« 寒冷地ステッカー・・・ | Main | EX700SL »

2007.09.06

Black stuff

久しぶりにオーディオ機器が気になり始めて、
いろいろ見回っているうちに気づいた。

黒いコンポって、無いのねぇ。

昨日見たIFA 2007ベルリンショーのレポートでは
海外では黒い機器が展示されてるのに・・・。
(クロがテーマのP社だけじゃなくって)

こういった映像/音響機器はいつの頃からか
国内で普通に売っているラインナップでは
みんな金色か銀色の外装になっていた。

「黒物家電」という俗称もあるくらいで、
だいぶ前は黒いのばっかりだったことを考えれば
また、極端にバランスの悪い傾向なのだが。

今現在、黒いのを買おうと思っても
全くと言っていいほど売っていない。
なぜか入門機と言われる廉価版か
フラッグシップと言われる超高級機に
ほんの少しあるだけ。
(しかもだいたいカタログ記載はあるもんの
 在庫なんかあるわけもなく、お取りよせなんだなー)

この10年くらい銀が主流だったので、
そろそろまた黒い機器の方に戻ってくる気もするけど?

個人的には、こういう機器は黒いのが好きだ。
理由は何個かある。

--------
まず、
映像はもちろん、音響系にしても
機器の存在をあまり感じたくないから。

ディスプレイの外枠なんか典型例なんですが、
映像が見たいんであって、額縁はいらないって。

もう、液晶TVなんかだったら空間に浮いてるくらい
画面だけあるように見えればさらによろし。
#新型iMacが黒枠付けたりしてるのが近いかな。

--------
また、
高いの買いましたよー、置きましたよー、という
ラグジュアリに"見える"高級品感には
私にとっては、あまり訴求力が無い。

要は、デコラティブな"ひかりもん"が嫌い・・・だもんで、
派手なのは全然落ち着かないんですよ。

機器なんて黒子、でいいんですから、
中身が濃いほうがよっぽど大事だもん。

--------
情報系の小物に関しても、買い換えたりしているうちに
私の身の回りはおおむね黒いものばかりになってしまった。
ケータイもPHSもThinkPadも然り。

金属みのある素地っぽいデザインまでは
銀色で許せたんだが、
あくまで小物>道具>工具・部品、の範疇で
Tool感・機能美で認識できる範囲までなんだなー。
銀色の最大級の購入品はクルマということで・・・・。

たぶん、自分の持ち物を
"見せる"アクセサリという斬り方ができるのなら
カラーバリエーションは相当ウェルカムだし
見ているのはかなり好きなんですが、買わないんです・・。
まだ自分の持つ機器・装備品については
そう認識できないからなのかも。

以前も、着てるものやカバンなどからして
真っ黒だらけであることを書いたくらい
自覚症状があったりするんですが、
こういう考えの人って、私だけではないよねぇ?

願わくば、金・銀色だけじゃなくて黒い機器も
選べるように揃って売ってほしいわけです。
もちろん出せるならその他の色も。

趣味は個人それぞれなので、おんなじような人も居るでしょう。
市場は十分にあると思うんだけどな。

今のような、どちらか一色で選べないっていう、
極端にバランスの悪い傾向が常にあるのは、
#しかも全メーカーが流行で同じようなのは、
どうにも合点がいかないのです。

|

« 寒冷地ステッカー・・・ | Main | EX700SL »

Comments

やー、ウチの炊飯器はブルーなワケで、パープルの物干し竿にもそそられるワケで…

身の回りに好きな色があるのは、それだけで嬉しい楽しい。

単なる派手好き?

Posted by: 繭 | 2007.09.25 01:15 AM

どもー、

>繭さん
白物家電や家庭用品やポータブル小物がPopな色物なのはいいと思いますよー。楽しそうだし(^^;;
私ゃ、衛生陶器と洗濯機だけは白ければOKです。
#健康状態を色で判断w

黒物家電(音響・映像・PC)はね、鑑賞に没入したいので、無彩色・黒いのがいいのさー。

Posted by: lucifer | 2007.09.25 02:16 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Black stuff:

« 寒冷地ステッカー・・・ | Main | EX700SL »