« 「中央線が好きだ。」 | Main | 解放区/サンクチュアリ »

2007.11.02

Fマウント/Nikonの重み

某カメラ屋さんで
O君のデジカメ購入に同行していた時のこと。

コンパクトデジカメでも、どうもNikonは売れているようだ。
キムタク出演のCMなどしている所からも好調さが伺える。

で、同じフロアにはデジ一眼(DSLR)のコーナーもあって、
あのD3とD300の予約キャンペーンをやっていた。

そんなとき、店の片隅に気になるものが置いてあるのを発見、
O君をちょっと放牧して(自分が放牧かもw)、寄っていった。

とうとうこれだけになってしまった、
F6とFM10、Nikon銀塩SLRの最後の姿。

今見ても、F6は巨艦だったねぇ。
Mgダイキャストボディとはいえ、重いね。

お作法どおりに巻き上げノブを引っ張り上げて
中の圧板など眺めて感慨にふけってしまった。
美しい・・・。

Fマウントの辺りから内部の造りまで
"らしい"精度と仕上げが垣間見れて、だいぶ幸せ。

FM10は、プラ部品が多く、まあ軽いよね。
軍艦部やダイヤルはちょっとモロい感じがしていて、
こちらではなくFM3Aの製造を持続してほしかったかも。

--------
ところで、視線を横にずらすと
銀色のまるでFM2かFEのような機が置いてある。
#じつは一瞬、FM2かと本当に思った。

Kenkoの出しているFマウントのフルマニュアル機(露出計はあり)
KF-2Nだった。¥29,800なり。

うーん外装はメタルだ。
ほとんどFM系の意匠であるが、
すごく似ているのになんか違う感も出ていて
この雰囲気の理解にしばらくかかった。

持ってみて。薄いなぁ・・。軽くはないけど。
Fマウントから中を見てみる。う、粗いなぁ。
ファインダ覗くと、マット/スクリーンは好きじゃないなぁ。

空シャッターを切ってみる。これは久しぶりにいい感触。
シャコン、シャコンとメカニカルシャッターの感じは
やっぱ気持ちいいよね。

放牧から戻ってきたO君はそれを見てて、
「るしさん、やっぱ手つきが撮ってた人のですね、
 頬が緩んでますよ(^^)」
うーんそうか見抜かれたか、そのとおりだ、楽しい。

膨大なMF用Fマウントを使えるフルマニュアルのボディは
写真学校の教材としても、貴重な存在なのだそうだ。
だいいち、初学者に売れているそうで、
中古で程度の良いFM系ボディが枯渇しつつある昨今は、
似たこれを購入するんだそうだ。

もちろんFマウントMFレンズはDSLRでも使えるものが多くあり、
D3はAiニッコールであれば絞りも連動できるようだ。

でもなぁ、あまりに似ているその外装に
なんだかウムムな感じもしてしまった。

--------
Nikonといえば、個人的にはカメラとメガネを持っている。

メガネは当時は高価だったフルチタンのフレームで、
ニコンエシロールの薄レンズとセットで買った。
丈夫を絵にかいたようなフレームで、
15年くらい使ってるけど、鼻当て以外はまだしっかりしている。
今でもたまに使ってますのよ。

でも実は来年、メガネ事業も止めちゃうのね・・・。
最後に"メガネのメンテ"というのを一度しておこうと思う。

さて、仕事のほうではNikonといえばステッパ/スキャナのような
半導体露光装置で有名ですね。
新型は液浸KrFで45nm、いっちゃってます。

このへんは大田区・品川区に国産大手2社の拠点があるという
Made in Japan がまだ強い部分ですなぁ。

ほかにもラボに光学顕微鏡を何台か置いてますが、
3次元デジカウンタと微分干渉が付いてるのがお気に入り。

--------
なんか公私ともども身の回りにある光学機器は
Nikonがあるのですが、やっぱ好きなんだろう、俺。

これは最近見つけたのですが、
企業CM「光の世界」というのがかっこよくて良いですよ。
曲はなんと、山下達郎のオリジナル!

光学機器/光学系って、
いいものは内部からレンズ構成から、美的だからなぁ。

Nikon独特の重みみたいなものも伝わってきて、
かなりキテました。

|

« 「中央線が好きだ。」 | Main | 解放区/サンクチュアリ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Fマウント/Nikonの重み:

« 「中央線が好きだ。」 | Main | 解放区/サンクチュアリ »