« Last buy | Main | snowy holiday »

2008.01.22

NorthLand in the '70s

PS3を手に入れるとともに
念願だったぼくなつ3をやっている。

昨年夏発売のソフトだったので今さら、
遅きに失した感ありだったのだが
(そして今は冬・・・)
満喫してますよ。

前に、1975年頃の北海道を描写するのに
ちょっと詰めが甘いか? と書いたのだが、
やればやるほど、記憶を呼び覚ます仕掛けが
あっちこっちに仕掛けてあった。

恐れ入りました・・・。

冒頭の青い旧型客車と小さな駅のシーン、
それだけで30年前の記憶を引き戻す力があった。

実は私自身、SLは貨物入換えを見ているだけで
蒸気機関車で引っ張られる旧型客車には
もう乗れなかった世代なのだが、
ディーゼル機関車でドアが手動の客車(スハ45?)
というのには、広尾線などで何度か乗っている。
(これはNHK「新日本紀行」の愛国-幸福の話が近い)

どこかのシーンで
72年の札幌オリンピックのポスターが
まだ壁に貼ってあった。

玄関には必ずシャケをくわえた熊の木彫りがあって、
階段を上がってくるとキタキツネの絵の暖簾が
ぶらさげてある。

まるで、30年前の我が家や祖父母の家のようだ。
(これで十勝石とマリモの瓶があれば完璧!)

夜に聴いているラジオの天気予報は
石狩・空知・後志、上川・留萌、宗谷、渡島・檜山・・
だいたい本当の放送と同じ順で伝えてくる。

Tシャツファクトリーというおまけソフトをオンラインで配っていて、
「ぼく」君のシャツをオリジナルの柄に変えることができる。
画像ファイルを突っ込むと胸か背中に貼れるのだ。

えーと、当時自分が好きで着ていたものを思い出して
作ってみた。
札幌五輪の公式ロゴが入っているヤツ、
74年の羽田-千歳間トライスターの就航記念に貰った
全日空の(ダヴィンチロゴ)青いTシャツ、
道新の販売店からもらったみらい君のシャツ、
ホクレンのエルムロゴが入った緑のシャツ、
以下略・・・。
みんなノベルティを祖父母からもらったものだなぁ。

さっそく「ぼく」君に着せて、遊ばせている。

夕暮れのシーンは十勝や上川の丘陵地でよく眺めた
あの晩夏の木立の長い影を思い出させるし、
合唱の練習をしている子供たちは
今もなぜか音楽が盛んな北海道の風景でもある。

「ロウソクだーせだーせーよ、だーさーないとかっちゃくぞ」
擬似ハロウィンのようなその子供の風習でさえ、再現されている。

私の喋り方には、どうやら未だに北海道の癖(方言)が残っていて
最初は単にそういう喋り方の人だとカミサンは思っていたらしい。
最近、あの「水曜どうでしょう」を見ていて、
なんだ、北海道の人の喋り方だったのだ、と気づいたとか。
このぼくなつ3ではさらにDeep&Coreな北海道弁を聴けるでしょう。
なんも、なんもさ。

30年前の少年は私の中に隠れていた。
いま、ディスプレイの中で再び遊んでいる彼(自分)がいる。

ちょっとばかり
これを作り得た作者(室蘭出身だそうです)に嫉妬すると同時に
畏敬の念すら感じた。
ソフトからこういう気持ちを得たことには、ありがとうね。

|

« Last buy | Main | snowy holiday »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NorthLand in the '70s:

« Last buy | Main | snowy holiday »