« KORG DS-10 | Main | 桃源郷 »

2008.03.19

Arthur leave the earth.

ここに使うべきは"leave"か"depart"か、
いや、"take off"なのかも。

今日、ScienceFictionの作家であった
Arthur C.Clarkeが亡くなった。

彼は地球を「去った」、というより
地上を離れ「出発していった」のだと、思いたい。

有名すぎるほど有名な"2001: A Space Odyssey"だけでなく、
作風は、驚異的で神秘的な世界観ではあるが
決してオカルトには走らない
科学と技術の視点をずっと見せてくれていた。

彼は優秀なエンジニアでもあったという。
想像したものの一部には、現実に姿を見せたものもある。
#残念ながらHAL9000は実現してないのだけど。

作品にはよく、テクノロジを磨きあげて
地球を巣立っていく人類が描かれていた。
でも、離れても地球への想いを持ち続ける
人類の気持ちもまた、よく描いていた。

彼は今、作品の登場人物のように
思念だけの存在になって
地球を外から見ているような気がする。

今夜は、
彼の作品をモチーフにMike Oldfieldが製作した
"The Songs of Distant Earth "のCDを聴きながら
眠ろうか。

|

« KORG DS-10 | Main | 桃源郷 »

Comments

やはり、"いってらっしゃい"ですよね。

Posted by: irikura | 2008.03.20 03:22 AM

ええ、私もそう思います。
"Bon Voyage!"

Posted by: lucifer | 2008.03.20 03:47 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Arthur leave the earth.:

« KORG DS-10 | Main | 桃源郷 »