« the fire. | Main | 鉄と火と人と »

2008.04.27

R16に沿って

ちょっと用があって久しぶりに横浜方面へ運転。
多摩から相模原へ抜け、16号を横浜町田IC方面へ。

走っていると白いAlfa 147GTAがスーッと寄ってきて
前に入って、しばらく付いて走った。
やぁ、これはやっぱりカッコいいクルマだよね。

白いAlfaは珍しいと思うんだけど、
所々に赤いパーツが見え隠れしていて
辛口唐辛子入りみたいで、いい雰囲気だった。
#Aglio Olio e Peperoncino・・・って感じか?

フロントフェンダがムチっと張り出していて
サイドからリアは下のほうまでボリューミー、
リアの下のほうはメッシュっぽい意匠、
特徴ある、大口径のホイールで踏ん張る足元。

そうそう、我等のR32もそうだけど、
2000年代のUltra Hot hatchという流儀の
一端を担った1台である。

さらに前にいたPolo GTIを軽く追い越し、
相模大野の陸橋の向こうに消えていった。

R246との交差点では、フラットでワイドなChevroletが
ユルユルと加速を始める横を、
Yナンバーの凹んだCIVICがかっ飛んでいく。
あぁ、「横山自動車」って感じ by CKB ってか。

カーオーディオにクルマの中に放置してあったMDを
久しぶりに突っ込んで、所謂AORなものを聴く。

最初にこの道を走った時は、
Golf IIのボロい手動のデッキにテープを突っ込んで
エッジの割れた8センチスピーカをビリビリさせながら
TOTOの"Rosanna"なんか聴いてたような覚えが。

このまま保土ヶ谷BPを抜けて横横に出るか、
新道から原宿で曲がって海まで下るか、
呑気だったあの頃みたいにプラプラするのも
もう一回やってみたいねぇ。

結局、行きも帰りもR16をスイスイと走って、
横浜~多摩を軽くひと往復。

その間は、もう夜になっても寒くない季節の風を
窓を開けて車内に取り入れながら、
くわえタバコで走っていた。

雰囲気というか風の匂いというか、
そんなものを満喫していた。

このへんを走っていると感じることがあるんだなぁ、
関東平野の南っ側を吹く風は
このR16やR129やR467に沿って、海から吹くんだな。

たぶん、その吹き上げた終点辺りに
いま、僕らは住んでいるんだな。

|

« the fire. | Main | 鉄と火と人と »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference R16に沿って:

« the fire. | Main | 鉄と火と人と »