« Scirocco GT24 | Main | 使い捨てライター »

2008.05.28

Le Train Bleu

今回のNAVI誌(6月号)の記事、
「“ル・トラン・ブルー”を追いかけろ」が面白かった。

青いV-R32を駆って、所謂ブルートレインの
寝台特急「あけぼの」を追っかけて、追い越すのだが、
記事はナイトドライブの雰囲気をよく解っていて、
淡々と北方を目指して紀行するあの独特の感覚と悦楽が
私の脳裏にも甦ってきた。

こんな酔狂なことをする男には、
確かにR32はもってこいの道具、なのだと思う。

盛岡へ、十勝へ、仙台へ、
似たようなルートを、同じように夜を徹して
何度も駆け抜けたのは、私とて。

そして、ブルートレインではなくて
Le Train Bleuというタイトルが奮っている。

--------
そういえば、Gare de Lyonにある同名の店は
まるで上野の駅食堂のようなものなのだと感じたことがある。
上京の、帰郷の、旅の終わりと始まりにて。
夜を徹し遠くを目指す始発駅の喧騒と哀愁と
ちょっと洗練されない時間/時代の留まり方と。

さて、私のクルマ旅の場合は、そんな時代がかった訳もなく
Le voiture argent、そして、à grande vitesse 
という感じだけれども
たとえ高速度でも途中を省いてしまおうというわけではない。
だったらもっと安楽なクルマを買っただろう。

まるでワープのような、
出発と到着がインスタントなのは好きじゃない。
せっかくなら旅の過程を、
近くても、遠くならなおさら
みっちりと深く受け止めたいだけなのだ。

記事にもズバリと書いてあったように
移動していく自分を捉えなおすための、
移動する中で自分を捉えなおすための、
優れた道具を持っていたいだけなのだ、
きっと。

鉄道旅を嗜好したり、こういうクルマに乗ったり、
あえてそれを選ぶという行為には
何か共通のものが隠れているような気がしている。

|

« Scirocco GT24 | Main | 使い捨てライター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Le Train Bleu:

« Scirocco GT24 | Main | 使い捨てライター »